こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【葛の裏風】(くずの うらかぜ)
 クズの白い葉裏を返して吹く風。
 赤染衛門集「かへりもぞする葛のうら風」
  《広辞苑・第五版》

 葛はその根から葛湯や葛餅の元になるデンプンが得られること、蔓からは繊
 維を取り出して布を織ることが出来ることなどから、古くから人の生活に密
 着した植物でした。
 太陽の光をことのほか好むこの植物は、陽の当たる山の縁辺部や、街中では
 線路脇の砕石の間などに広く生える姿を目にします。

 葛といえば、春の終わりから夏の初めにかけて紫色のきれいな花をつけます
 が、この花はきれいな割にあまり注目されることはないようです。あまり注
 目されない理由は、その花を隠してしまうほど大きな、そして多くの葉っぱ
 が葛の全体を覆っているからでしょうか。

 葛の裏風とは、この大きな葛の葉を裏返すように吹く風のことです。
 葛の葉は表面が緑色で裏側が白っぽい色をしているので、葉が裏返るとそこ
 だけ色が違って目立ちます。
 夏の炎天の下で、土手を覆い尽くす無数の緑の葛の葉の海を、白い波が渡っ
 て行く光景は、そこを風が吹きすぎていることを示しています。

◇葛の葉
 「葛の葉」は、安倍晴明を産んだ女性の名前とされます。この女性は清明の
 父、安倍保名に助けられた白狐が美女に化けたときに名乗った名前で、保名
 の妻となり清明を産むことになりますが、ある日その正体がばれて

  恋しくば尋ね来て見よ和泉(いずみ)なる
        信太(しのだ)の森の恨み葛の葉

 の歌を残して、古巣である信太の森に帰っていったと言う伝説があります。
 この歌にある「恨み葛の葉」ですが恨みの語は

  恨み → うらみ → 裏見

 と連想できることから、歌では「恨み」を「裏見」にかけて詠むことがある
 そうです。葛の葉の裏を見せる風を「葛の裏風」も、裏見の風。
 葛の葉と名乗った清明の母の思いは今も風となって葛の葉の上を吹きすぎて
 いるのかもしれません。
 広辞苑の用例で引かれている赤染衛門集の歌は

  うつろはでしばし信太(しのだ)の森を見よ かへりもぞする葛のうら風

 これは、赤染衛門から和泉式部に贈られたもので、「葛の葉」の伝説にかけ
 て詠われた歌でした。

 あちこちに生え拡がって、その旺盛な生命力の葛。
 拡がった葛の葉陰の何処かに狐が隠れているかも知れないなんて想像しなが
 ら、葛の裏風が吹く様を眺めてみると、暑い夏でも気持ちよく、楽しく過ご
 せるかも知れませんね。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2009/05/23 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック