こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【粗探し・粗捜し】(あらさがし)
 [下心をもって]人の欠点をさがしだすこと。また、さがしだして言いふらす
 こと。
  《学研国語大辞典》

 「粗(あら)」には、大雑把で粗末なこととか、完成していないと言った意
 味があります。
 何かを作っている途中では、その不完全なところ、粗末なところを調べてそ
 こを直し、仕上げて行くわけですから粗を探すこと自体は悪いことでは無い
 はずです。しかしその粗を探す行為に下心、悪心が加わると現在普通に使わ
 れる意味での「粗探し」となり、悪い意味が出てきてしまいます。

 不完全なところ、粗末なところを調べてその箇所を指摘すると言うことで思
 い出すのは、日刊☆こよみのページには「隅掘り隊通信」という人気(?)
 のコーナーがあります。
 日刊☆こよみのページの誤字脱字や計算の間違いなどを発見した方々がその
 誤りを知らせて下さるコーナーです。

 中には、こうした誤りの指摘を「粗探しのようだ」と考えて誤りに気が付い
 ていてもいわないと言う方がいらっしゃるようなのですが、指摘される側か
 らすると、体よく読者の皆さんを「校正要員」として使わせて頂いているよ
 うなもので、連絡して頂くと助かります。

 一度出してしまったメールマガジン自体は直しようもありませんが、Web こ
 よみのページに掲載するバックナンバーなどについては誤りを直して、将来
 読む方には多少はまともな文章をお読み頂けるという効用があります。
 (本当は、自分自身でしっかりチェックしないといけないのですけれど・・)

 粗を探す行為も下心、悪心を持って行い、他人に言いふらすような行為なら
 「粗探し」は嫌な行為でしょうけれど、完成の手助けのために未完成の箇所、
 間違った箇所を本人に指摘することはちっとも嫌な行為ではありませんので
 見つけたら気にせずにお知らせ下さい。

 粗は探しても、それがただの「粗探し」に終わらず、物事を完成させるため
 に役立てること、何によらずそうした姿勢は大切にしたいものです。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2009/06/08 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック