こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【無謀】(むぼう)
 深い考えのないこと。
 物事をするとき、そのやり方や結果について十分考えていないこと。
 無茶。「無謀な登山」「無謀運転」
  《広辞苑・第五版》

 「きちんとトレーニングしていないと、後半、特に30kmを過ぎてからが大変」

 もう20年も昔のことになりますが、その当時は毎年、フルマラソンに参加し
 ていました。

 きちんとトレーニングしていないと・・・というのはその時得た教訓。しっ
 かり走り込んでいるときには42.195kmもそんなに大変な距離ではないのです
 が、走り込みが足りないとてきめんに、後半の地獄を体験したのでした。
 そして、最後にその「後半の地獄」を体験した年が私がフルマラソンを走っ
 た最後の年になりました。

 そして20年。
 昨年の年末、バドミントンの大きな試合に向けて練習量を増やしていました。
 その中でランニングの量も増え、毎日5〜6km、毎週末には15〜20kmを普通に
 走るようになっていました。
 そしてそんなときに目に止まったのが、フルマラソンの参加募集の記事。
 最初は軽くハーフマラソンへ・・・とも思ったのですが、ここでふと

  最近走っている具合から考えると、フルでもいけるのでは?

 という考えが頭をもたげました。
 20年ぶりのフルマラソン、走ってみようかなと。
 そして、参加種目「フルマラソン」に○をつけてしまいました。

 しかし、年末に目標だったバドミントンの大会が終わると年末年始、そして
 年度末といろいろと忙しい時期にあたったことを口実にして、気が付けばす
 っかり走るのをさぼっていました(本当の理由は、寒いのが嫌いな私の怠け
 心です)。そしてほとんど 2ヶ月間、まともに走ることもないまま、申し込
 んだマラソンの日がやって来ました。

 これはまずいとは思いながら、何処かで「なんとかなるかな?」とも思って
 の無謀なチャレンジです。
 そして結果は、無謀の語の説明のとおり「無茶」でした。

 昔の経験どおり、練習不足で望んだフルマラソンの30km以降は地獄。足がほ
 とんど動かず、自分が考えたタイムよりより30分以上も遅れて、ようやくゴ
 ール。
 その瞬間から、一夜明けてこの原稿を書いている今まで、無謀なチャレンジ
 の代償である足の痛みと闘っています。

 来年は「無謀」なチャレンジと成らないように、きちんと練習を考えてから
 走ることにします。
 本日は、何とも個人的な【無謀】の解説でした。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2010/02/08 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック