こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【花水木】(はなみずき)
 ミズキ科の落葉小高木。北アメリカ原産で、庭木・街路樹として栽植。
 園芸品種もあり、春、白色または淡桃色の 4枚の大きな苞葉に包まれた花を
 つける。アメリカヤマボウシ。
   《広辞苑・第五版》

 お隣の家の庭に、白い花水木が咲いています。
 花水木の花の色は、この白い色と薄紅色があります。
 庭木や、街路樹としても植えられることのある花なので、桜の花が散ってし
 まった頃に、これと入れ替わるように花を咲かせる花水木を、それとは知ら
 ず眺めていたという方もいらっしゃるのでは。

 今ではすっかり、晩春の日本を彩る花の一つとなっている花水木ですが、辞
 書の説明にもあるとおり、原産地は北アメリカ。
 日本へのやって来たのは大正 4年(1915年)のこと。明治45年(1912年)に
 東京市長であった尾崎行雄がアメリカに桜を贈った(有名なポトマック河畔
 の桜)返礼として届けられたのがこの花水木の木でした。

 日本にやってきたのは大正 4年ということですから、日本にきてからまだ百
 年になっていません。意外に「新参」の木ですが、その割には日本の風土に
 良くとけ込んでのは、その花の風情が日本人の好むものだったからでしょう
 か。それとも元々日本の山地は、親戚筋の山法師(やまぼうし)が自生して
 いて、庭木としても親しまれていたことから、異質なものとは感じなかった
 からでしょうか。

 ともあれ、すっかり日本の花の一員となった花水木。見上げるその花の向こ
 うに空の青を見るようになると、春も終わりが近いなと感じさせてくれる花
 となっています。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2010/04/24 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック