こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【荒梅雨】(あらつゆ)
 梅雨の後期になると、災害をもたらすほどの集中豪雨となることがある。
 「あれつゆ」ともいう。
   《雨の名前 (高橋順子・佐藤秀明著)》

 今日は朝から快晴。梅雨明けも間近のようです(明けたのかな?)。
 その、そろそろ梅雨も明けるかという時期に来て連日のように各地の集中豪
 雨被害の様子が報じられるようになりました。
 「記録的」がまるで枕詞のように使われる集中豪雨の報せの数々。
 まさに荒梅雨といった様相です。

 「梅雨」といえば、以前はじめじめとして鬱陶しい季節というのが最初に頭
 に浮かぶイメージでしたが、これからは梅雨といえば恐い季節という今まで
 とは異なったイメージが出来てしまうかも知れません。

 こうした梅雨の様相の変化はただ短期的な変動の範囲なのか、長期的な傾向
 なのか、またこうした変化傾向に人間の活動が影響しているのか否か、そう
 した事柄はそれぞれの研究者の研究を待つことにして、危険を感じたときに
 はどう対処するか、自分たちで出来る対応を考えて準備をしておくことが必
 要なようです。

 各地で被害を引き起こしている集中豪雨ですが、これも「梅雨」の一様相で
 仕方のないものかもしれませんが、こうした災害への不安も梅雨明けととも
 に過ぎ去ってくれることを願いたいものです。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2010/07/17 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック