こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【寒波】(かんぱ)
 寒冷な空気が移動してきて、気温が急に低下する現象。冬の季語。⇔暖波
  《広辞苑・第六版》

  週末には強い寒波が押し寄せるでしょう

 出来れば聞きたくないこんな天気の予報を頻繁に耳にする季節となりました。
 辛いですね、本当に。

 寒波とは気象用語としての意味は「広範囲での顕著な空気の冷却、または非
 常に冷たい気団の侵入」だそうです。
 「季節と暮らす 365日」という本によれば 100年以上も前に書かれた本に、

  二十四時間以内に気温が十度以上激降を呈するもの

 と、この語の解説が書かれているとのことですから、随分昔からある言葉の
 ようです。
 誰が思いついた言葉かはわかりませんが、ひたひたと押し寄せる寒さの喩え
 には波を使ったのは巧い。少なくとも「気温が十度以上激降を呈す」よりは
 ずっと良く、寒さの押し寄せる様を表しているように思います。

 シベリアあたりから何度も何度もこの冷たい波が押し寄せて、ついには我々
 みんなはどっぷりと冬の中。

 広辞苑では寒波の反対語として示された「暖波」によって早くこの冬から抜
 け出したいと思いますがまだ、それを願うには時期が早すぎるようです。
 嗚呼、寒い・・・。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2010/12/12 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック