こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【左義長・三毬杖】(さぎちょう)
 (もと、毬打(ぎっちょう)を三つ立てたからという)小正月の火祭りの行
 事。宮中では正月15日と18日に吉書(きっしょ)を焼く儀式。

 清涼殿の東庭で、青竹を束ね立て、毬打 3個を結び、これに扇子・短冊・吉
 書などを添え、謡いはやしつつ焼いた。民間では正月14日または15日(九州
 では6〜7日)長い竹数本を円錐形などに組み立て、正月の門松・七五三飾
 (しめかざり)・書ぞめなどを持ち寄って焼く。

 その火で焼いた餅を食えば、年中の病を除くという。
 子供組などにより今も行われる。どんど焼。さいとやき。ほっけんぎょう。
 ほちょじ。おにび。三毬打。新年の季語。
 徒然草「三毬杖は、正月に打ちたる毬杖を真言院より神泉苑へ出して焼きあ
 ぐるなり」
   《広辞苑・第六版》

 さて、今回は小正月の行事、左義長について採り上げました。
 左義長がどのような行事かは、既に暦のこぼれ話で採り上げたことがありま
 すので、解説はその記事に譲ることにします(下の URL参照)。
  左義長(さぎちょう)
  http://koyomi8.com/doc/mlwa/200801140.htm

 今回は、「左義長」ということばについて採り上げてみることにしました。
 ということで、「コトノハ」に登場です。

 1/14に読者の Sさんから
 「昔から不思議に思っているのですが、
  左義長という言葉には、どういう由来があるのでしょうか。
  教えていただければ嬉しいです。」

 という御質問を頂きました。言われてみれば、不思議ですね。
 「初詣」や「書き初め」などは、仮にその行事を知らなくとも言葉からおよ
 その内容を想像することが出来ると思いますが、「左義長」がどんな行事か
 をその文字、言葉から想像することは出来ません。

◇三毬杖・三毬打
 「さぎちょう」という行事自体は平安時代末に書かれた年中行事絵に描かれ
 ているそうなので、その存在はわかりますが、その行事を「左義長」と書く
 ようになったのは、ずっと後の時代、おそらく江戸時代に入ってからだろう
 と考えられます。

 それ以前は、「三毬杖」や「三毬打」と書かれていたようです。個々で登場
 する毬杖、毬打がいかなるものか、もう一度辞書でひいてみると

 【毬杖・毬打】(ぎっちょう)
  正月行事の童子の遊戯に使用する、毬(まり)を打つ長柄(ながえ)の槌。
  近世は彩色を施し、金銀泥を加えて正月の飾りものとする。
  また、その遊戯。ぎちょう。
  春の季語。
   《広辞苑・第六版》

 これだけではピンと来ないという方は、木製のゴルフクラブ、あるいはゲー
 トボールのスティックなどを思い浮かべてください。冒頭に引用した広辞苑
 の左義長の説明によれば、

  「毬打 3個を結び」

 とありますから、この毬打を三本行事に使うことから三毬打・・・というの
 はわかりました。

◇三毬杖から左義長への謎
 江戸時代の末に書かれた守貞漫稿には正月の行事の中に「左義長」の文字が
 あります。しかし、いつ頃からこの文字が使われたのか。三毬杖が左義長に
 変わったのかは、とんとわかりません。

 いろいろ調べてみたところ、やっとそれらしい話が日本語大辞典(小学館)
 にありました。それによれば、

 『仏教と道教との優劣を試みるため、仏教の書を左に、道教の書を右におい
  て焼いたところ、仏教の書が残り、「左の義長ぜり」という「訳経図記」
  にある故事からからという俗説(徒然草寿命院抄)がよく知られている』

 とのこと。俗説との断りもありますし、いかにも仏教の優位性を喧伝するた
 めに作られた説で、どうも眉唾のような気がします。

   三毬杖じゃ読めないから、目出度い文字で当て字するか?

 なんて、案外そんなところかも知れませんね。
 尻切れとんぼで心苦しい限りですが、私には答えまでたどり着けませんでし
 た。御質問下さった Sさん他の読者の皆様、ごめんなさい。

 なにか、いい手がかりが見つかりましたら、何時か補足出来ればと、思って
 おりますので、この件についてご存じの方がいらっしゃいましたら、是非ご
 教示下さい。お願いします。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2011/01/18 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック