こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【どくだみ】
 (毒を矯める・止める、の意。江戸時代中頃からの名称)ドクダミ科の多年
 草。雑草として各地に分布。茎は高さ15〜35センチメートル。
 地下茎を延ばして広がる。葉は心臓形で悪臭をもつ。初夏、茎頂に、 4枚の
 白色の苞ほうのある棒状の花序に淡黄色の小花を密生。

 全草を乾したものは生薬の十薬(じゅうやく)で、漢方で消炎・解毒剤など
 として用い、葉は腫物に貼布して有効という。ドクダメ。古名シブキ。
 夏の季語。書言字考節用集「羊麻草、ドクダミ」
   《広辞苑・第六版》

 梅雨となり、雨の降る毎日ですが、こんな雨の中で元気溌剌として白い花を
 咲かせているどくだみをそこかしこで見かけます。
 雨が降る水が溜まるようなじめじめした場所を好んで群生しますが、そうで
 ない場所には生えないのかといえばさにあらず。ドクダミの辞書には「好き
 嫌い」という言葉は無いようです。

 手折ると、強い臭気があることから毒草と考えられることが有るようで、そ
 の証拠に「手腐れ(てぐされ)」なんていう有りがたくない別名も有ります。
 もちろんこれは誤解。それどころか、毒下し、切り傷、腫れ物、化膿などの
 治療に効果があり、十の薬にも匹敵するということから十薬と呼ばれます。

 どくだみは 4枚の花びらが正面から見ると「十」の文字に見えるような花を
 付けます。生きた草を手折るとするあの臭気も干したり茹でたりすると消え
 るそうで、食材にもなるそうです。残念ながらどんな風に料理したらいいの
 かは知らないのですが。

 私の住む部屋からも濃い緑の葉と白い花をつけたドクダミの一群が見えます。
 あれだけ有れば、量としては食材とするに十分。
 どんな風に料理したらいいのかわかれば、試してみたい。「恐いもの見たさ」
 的な興味ですけれど。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2011/06/03 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック