こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【忘れ花】(わすればな)
 忘れ咲きの花。時節がすぎてから咲く花、また返り咲きの花。
 冬の季語。
  《広辞苑・第六版》

  「ここ数日、散歩道で藤の房が薄紫の花を咲かせ始めています。
   今頃でも藤の花は咲くものでしょうか?」

 というメールをいただきました。
 受け取った日付は7/18。
 藤の花の咲く時期といえば大体4〜5月頃。
 人間同様、多少のんびり屋の藤の花があるのかもしれませんね。
 とはいえ、 7月も後半に咲き始めるとすると「多少」ではなくて随分なのん
 びり屋ですね。

  狂い咲き

 と言って片づけてしまってもよいのですが、たまに花の時期がおかしくなる
 というのではなくて、来る年も来る年もずっと他の花と違った時期に咲く、
 変わり者の木もあるのでしょう。そうした木がいつもの年のように他と違っ
 た時期に花を付けたのだとしたら、狂い咲きではないのかも。

 そんなときに、使う言葉としてこの「忘れ花」なんて言う言葉はいかがでし
 ょうか?
 仲間たちの花は散ってしまって、みんなが忘れた頃に花を付ける、そんな変
 わり者の木があってもよさそうな気がします。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2011/07/19 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック