こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【木通】(あけび)
 (「開け実」の意)アケビ科の蔓性落葉低木。
 通草とも書く。
 山地に生え、葉は5小葉の複葉。4月頃淡紅紫色の花をつける。
 果実は淡紫色で長さ約10センチメートル、秋、熟して縦に割れる。
 果肉は厚く白色半透明で多数の黒色の種子を含み甘く美味。

 つるで椅子・かごなどを作り、茎の木部は漢方生薬の木通(もくつう)で、
 利尿剤・消炎剤などとする。
 これに似て 3小葉から成る葉を持つミツバアケビがある。アケビカズラ。
 ヤマヒメ。秋の季語。
  《広辞苑・第六版》

 秋が深まり、そろそろ木々の葉がその色を変えるころに雑木林に足を踏み入
 れると、葉の色を変え始めた木々の幹や枝にからみついたアケビの蔓にぶら
 下がったぱっくりと口を開けた紫色の実を見つけることがあります。

 小学生の頃は、この時期になると家の周辺の雑木林に入って、アケビ採りす
 るのが楽しくて仕方がありませんでした。
 雑木林などいくらでもあった福島の田舎でのことでした。

 ある年などは、一日かけてあっちの山、こっちの山へと足をのばして、背負
 籠一杯のアケビを採ってきたこともありました。
 アケビ採りに夢中になって、漆の葉にかぶれて、家に帰ってから熱を出した
 ことも今では懐かしい思い出です。

 最近、八百屋さんの店頭できれいに並べられたアケビの実を見て、ああもう
 そんな季節かと思いましたが、背負籠一杯のアケビを採っていた頃には、八
 百屋さんの店頭にアケビが並ぶ情景など想像もしませんでした。
 今では八百屋さんに売られるアケビを眺めて、アケビ採りした田舎の雑木林
 の情景を懐かしんでいます。

 種一杯で食べにくい山の実でしたが、あのさっぱりとしたアケビの甘みは、
 秋の思い出の味。でも、アケビを八百屋さんで買ってくることには、なんだ
 か抵抗があって、今年はまだあの秋の思い出の味を味わっていません。
 さて、どうしようかな?

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2011/10/13 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック