こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【余花】(よか)
 春におくれて咲く花。
 特に初夏に咲くおそ咲きの桜。
 夏の季語
   《広辞苑・第六版》

 今年は春先の寒さが長引き停滞していた桜前線ですが、ここ数日の暖かさで
 ようやくといった感じに歩を進め、今(2012/04/21)は東北地方を北上中の
 ようです。東北の方々の花見はこれからが本番ですね。

 現在私の住んでいる神戸付近では、ほとんどの桜はその花の盛りを過ぎ、花
 よりも緑の葉が目立つようになってきました。
 一週間前には枝一杯に咲き誇っていた桜の花ですが、今はもう葉の陰からは
 ずかしそうに顔をのぞかせる存在に変わってしまいました。

 先週の週末には、遠くからでもはっきりと見えた桜の花ですが、今は若葉に
 隠れてしまっています。

 それでも桜の木の下から見上げると、のんびり屋の花が他の花の盛りの時期
 に遅れて咲いている姿を楽しむことが出来ます。

 葉っぱの影から顔をのぞかせるその姿はなんとなく、

  「遅刻しました」

 と、はずかしそうに、教室に入ってくる子のようです。
 春眠暁を覚えず、桜の花にもついうっかり朝寝坊してしまったうっかり屋の
 花があるのかもしれません。

 自分の朝寝坊は困りものですが、花の朝寝坊なら大目に見てもよさそうです
 ね。朝寝坊の余花のおかげで、もうしばらく春の風情を楽しませてもらうこ
 とが出来そうです。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2012/04/21 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック