こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【草木塔】(そうもくとう)
 切り倒した草や木の霊を鎮めるために立てた塔。
 草木供養塔。
   《広辞苑・第六版》

 自然石に「草木塔」「草木供養塔」「山川草木悉皆成仏」などの文字が刻ま
 れた供養塔が草木供養塔です。

 山形県の米沢市を中心に約 170基の草木塔が見つかっているそうです。おそ
 らく未発見のものもあるでしょうから、実際の草木塔の数はもう少し多いか
 もしれません。

 人間はいろいろなものを利用し、またいろいろなものの命を奪って生きてい
 かざるを得ません。動きもせず、切り払っても悲鳴もあげない草木にも命が
 あります。

 草木塔は、人間が生きてゆくために刈り取ってしまった草や切り倒してしま
 った木への感謝や、そうした草木を生み育てる自然への畏怖から建立された
 供養塔なのでしょう。

 現在確認されている最古の草木塔は、安永 9年(1780)に米沢市大字入田沢
 に建立されたものだそうです。
 安永 9年の米沢といえば、武士だけでなく、領内の民衆すべての教育に熱心
 に取り組んだ名君、上杉鷹山公が藩主の時代です。

 草木塔の建立が鷹山公の教化の結果なのか否か、
 人々がどんな思いから草木塔を残したのか、
 今となってははっきりしたことはわかりませんが、草木塔を残した人たちが
 いたことを思い出すことによって、草や木への感謝や畏敬の心を今一度、思
 い出すきっかけとしたいものです。


オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2012/08/24 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック