こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【桃】(もも)
 1.バラ科の落葉小高木。中国原産。葉は披針形。
  4月頃、淡紅または白色の五弁花を開く。
  果実は大形球形で美味。古くから日本に栽培、邪気を払う力があるとさ
  れた。
  白桃・水蜜桃のほかに、皮に毛のないツバイモモ(アブラモモ)、果肉
  が黄色の黄桃(おうとう)、扁平な蟠桃(はんとう)、観賞用の花モモ
  など品種が多い。仁・葉は薬用。
  「桃の花」は春の季語、「桃の実」は秋の季語。
  万葉集19「春の苑紅にほふ桃の花下照る道に出で立つをとめ」
 2.木綿きわたの実。
 3.襲(かさね)の色目。表は紅、裏は紅梅。また、表は白、裏は紅。
  一説に、表は薄紅、中陪なかべは白、裏は萌葱もえぎ。3月頃用いる。
 4.紋所の名。桃の実や花をかたどったもの。
   《広辞苑・第六版》

 七十二候の八番目、啓蟄の次候は「桃始めて咲く」。
 時期としては、3/10頃です。
 桃の花は、梅、桜と並び春を代表する花。

 私の中では梅が咲いて桜が咲いて、日差しも和らいだ頃に咲くのが桃の花と
 いうイメージがあります。そのイメージからすると桃の花の咲くのはもう少
 し後ということになるのですが、「始めて咲く」ということですから、ぼん
 やりしている私が気づかないどこかで、咲き始めた花があるのでしょうね。

 中国では桃には邪気を祓う霊力のあると信じられていました。
 上巳の節供に桃の花を飾り桃酒を飲むのもそうした桃の霊力によって、邪気
 を遠ざけるためなのです。

 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が黄泉平坂(よもつひらさか)で追ってくる
 黄泉の国の鬼女を追い払うために桃の実を投げつけたというのも、桃には霊
 力があると考えていた証なのでしょう。

 桃の花が何処かで咲き始めれば、きっと「邪」と冬の寒さを遠ざけて、幸い
 と春の温もりを呼び寄せてくれることでしょう。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2013/03/10 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック