こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【炊飯】(すいはん)と【炊爨】(すいさん)

 【炊飯】(すいはん)
  飯を炊(た)くこと。

 【炊爨】(すいさん)
  (「爨」は、かしぐ意)
  飯をたくこと。にたき。さんすい。「飯盒炊爨」
   《広辞苑・第六版》

 梅雨に入りました。
 梅雨の季節を抜ければ、夏。
 夏と云えば、キャンプ。
 キャンプといえば・・・
 ということで、次のような会話がなされました。

 「飯盒(はんごう)で飯を炊くのは
  『はんごうすいはん』か『はんごうすいさん』か?」

 飯を炊くのだから当然「飯盒炊飯(はんごうすいはん)」だろうと思ってい
 たのですが、確かに「はんごうすいさん」という言葉も耳にする。
 でも「すいさん」といわれても

  すい → 炊

 として、

  さん → ?

 文字が浮かびません。何かの間違いかなと思って、辞書を引いてみると、あ
 りました、「はんごうすいさん」にピッタリの文字、「炊爨」が。そして思
 いました。絶対書けないなと・・・。

 辞書の意味からすると、炊爨には「煮炊き」の意味があるようなので、キャ
 ンプなどで飯盒で食事を作ること全般を指すには、この絶対書けないと思っ
 た炊爨の文字を使った「飯盒炊爨(はんごうすいさん)」があっていそうで
 す。だって、飯を炊く以外にも飯盒は使うでしょうから。

 もっとも、この言葉を調べる切っ掛けになった「飯盒で飯を炊く」であれば
 飯盒炊飯でも問題はないわけです。飯を炊くこと限定ならば。
 しかし、やはり飯以外の煮炊きを想定すると、一般的には「飯盒炊爨」が適
 していそうですね。

  「炊爨」なんて云う文字、絶対書けない

 なんて云わず、この機にしっかり覚えてさりげなく、「キャンプで飯盒炊爨
 をした」なんて書けるようにしようかな・・・。
 本日は、ひょんなことから調べた「炊飯」と「炊爨」の話でした。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2013/05/30 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック