こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【合歓木】(ねむのき)
 マメ科の落葉小高木。
 山地や川原に自生。葉は細かい羽状複葉、小葉は10〜20対。
 葉は夜、閉じて垂れる。
 6〜7月頃、紅色の花を球状に集めて咲く。
 花弁は目立たず、雄しべは多数に割れ紅色。莢(さや)は扁長楕円形。
 材は胴丸火鉢・下駄歯に、樹皮は打撲傷・駆虫に用いる。
 ねむ。ねぶ。ごうかん。「合歓(ねむ)の花」は夏の季語。
   《広辞苑・第六版》

 合歓木は、夕方になるとその葉が合わさり閉じることから、木が眠るように
 見えることから「ネムノキ」という名が付いたといわれています。
 梅雨が明け後におとずれた暑い夏の日、暑さに疲れ切った私の目に、合歓の
 花が飛び込んできました。

 日が西に傾き、さしもの暑さも衰えてかすかな風を感じる夕方に、紅を掃い
 た後の刷毛のような花が、合歓木の枝を飾っていました。

 合歓木の葉が広がる日中には、その葉に隠れてしまいがちな合歓の花ですが
 夕方になると葉が閉じて眠りにつくため、眠る葉の陰からその愛らしい姿を
 現します。

 合歓の花は、夕暮れ時に人目を避けるように姿を現すことから「薄暮花(は
 くぼばな)」とか「夢の花」という異称でよばれることもあります。
 夕方に葉は眠るというのに、花だけは夜なべでしょうか?

 中国の昔話によれば、この花を酒に少量入れて飲ませれば、機嫌の悪い人も
 たちまち上機嫌になるのだとか。
 そうした効果が本当にあるのかどうか、身近に怒りん坊がいらっしゃったら
 騙されたと思って試してみませんか?

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2013/07/20 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック