こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【片腹痛い】 (かたはら いたい)
 [形]かたはらいた・し(ク)
 (「傍」のカタハラを片腹の意に誤ったことから起こった語)

 身のほど知らずな相手の態度を笑いとばす意。
 笑止である。ちゃんちゃらおかしい。
 日葡辞書「カタハライタイ」。
 浄瑠璃、出世景清「腕無しのふりづんばい、―・し、事をかし」
 →かたわらいたい
  《広辞苑・第六版》

 2〜3年前くらい前のこと、辞書を引いていて「片腹痛い」の文字がとびこん
 できました。
 目が留ったついでに、この言葉の意味を確認してみようと思い、読んでみて
 、はじめて「傍ら痛い」という言葉があること、「片腹痛い」がこの「傍ら
 痛い」の「傍ら」を「片腹」に取り違えたところから生まれた言葉であると
 知りました。

  今までの人生のうち、実に 90%以上の期間を私はこの「片腹痛い」の方だ
 けしか知らなかったのでした。

  そんな迂闊な者が「コトノハ」などとは、片腹痛い

 そう笑われても仕方がない。
 身の程知らずの相手を笑いとばし、それこそ脇腹が痛くなるほど笑うことな
 のかななんて、そんな風にしか考えていませんでした。
 脇腹が痛くなるほどの笑いは笑いすぎかも知れませんが、「片腹痛い」とい
 う言葉であれば、この解釈でも間違いとはいえません。とはいえ、やはりは
 ずかしいことには違いがありませんけれど。

 元となった「傍ら痛い」は、気の毒であるとか、(相手の気持を慮って)傍
 らにいて辛くなるという意味の言葉。「片腹痛い」とはまるでちがった意味
 の言葉です。

 わかっているつもりの言葉でも、たまには辞書でその意味を確かめてみるべ
 きだなと、教えてくれた「片腹痛い」話でした。

 しかし、「片腹痛い」ではなくて、その元になった「傍ら痛い」という言葉
 を使ったとしたら、今じゃほとんどその意味が伝わらないかもと思うのです
 が、どうでしょう?

 間違いから生まれた片腹痛いの陰に隠れるようにして、忘れられてしまった
 (と思う)傍ら痛いという言葉は気の毒ですね。「傍ら痛い」は、こんなと
 きに使えばいいのかな?

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2013/09/14 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック