こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【春は枝頭に在り】(はるは しとうに あり)

 暦は二月に変わりました。
 二月は大変寒い月ではありますが、二月に入れば早々に二十四節気の立春が
 めぐってきて、暦の上では春を迎えることになります。
 とはいえ、まだまだ花咲く春というには気が早いか?
 それでも、探せば春はどこかに見つかるかも知れません。

  終日、春を探したが春は見つからない
  アカザの杖をついて遠くまで歩き尽くしたというのに。
  歩き疲れて自宅に帰り、ふと庭先の梅の枝をとってみると
  枝先の梅の花は綻んでいた。探していた春はこんなところにあった。

 宋の戴益の「探春」という詩です。難しい文字が多くて打つのが大変なので
 原文は省略(・・・)。訳は私の意訳ですから、拙い点はご容赦願いたい。
 「春は枝頭に在り」は、この「探春」の最後に登場する言葉です。

  春在枝頭已十分 (春は枝頭に在りて已に十分)

 流石にこの部分は原文を示さないわけにはいきませんね。
 遠くまで出かけ、探し回っても見つけられなかった春が、自宅の庭の梅の枝
 先に在ったではないか。「已に十分」とありますから、枝先の梅の花は既に
 芳香を漂わせていたのかもしれません。

 春の訪れは特別なものでは在りません。
 どこにでも、春は訪れ、どこにでも春を見つけることが出来ます。
 ただ、気付きさえすれば。
 二月に入ったばかりですが、立春間近のこの時期になら、きっとどこかに春
 は来ているでしょう。

 今日は二月最初の土曜日。
 折角の土曜日ですから、身の回りに春の姿を探してみませんか?
 普段は見落としてしまいがちな場所で「已に十分」な春を見つけることが出
 来るかも知れません。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/02/01 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック