こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【木の芽雨】(きのめあめ)
 春、木の芽どきに降る雨で、その成長を助ける雨。
 徳島県では、「木の芽起し」「木の芽萌やし」、長崎県北松浦郡・鹿児島県
 肝属郡では「木の芽流し」などという。
  《雨の名前(小学館)から抜粋》

 二月の末の頃から三月の始めの頃になると、寒の戻りがあるとはいえ、季節
 は春と感じる日が増えてきます。
 そんな時節に降る雨が木の芽雨です。
 冬の間、身を固くして寒さに堪えていた木の芽の芽吹きをうながす雨です。

 東北の田舎育ちでしたので、遊び場は田んぼのあぜ道や河原や里山。木の芽
 雨の降る頃は、どの遊び場にいても「土の匂い」を感じました。
 土の匂いは、温かくてどこか湿った匂い。香りとも臭気とも違う、匂いでは
 ない匂い。巧く云えませんが、匂いと云うより気配といった類のものだった
 ように思います。

 あの土の匂いの中に感じた「温かくてどこか湿った」ものは、この時期に降
 る木の芽雨のもたらした温かい湿りだったのでしょう。

 私が土の匂いを感じる頃になると、田んぼの畦には蕗の薹が顔を出し、河原
 では葦の若芽が姿を見せ、里山では蕨(わらび)や薇(ぜんまい)が頭をも
 たげ始めました。

 昨日の朝は、久々に傘のご厄介になりました。
 雨は降っていましたが、寒さは感じません。
 もう冷たい冬の雨ではありませんでした。

 舗装された道路には、春の雨で目をさましそうな草の姿はありませんでした
 が、遠くに霞んで見えていた山の中では、春の雨に打たれて目をさました蕨
 や薇が、きっとあったことでしょう。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/03/01 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック