こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【メー‐デー】(May Day)
 1.五月祭。西洋で古来5月1日に行なった春の祭。花の冠をかぶらせて「五月
  の女王」を仕立て、遊戯などして一日を楽しむ。
 2.5月1日に行われる国際的労働者祭。1886年アメリカ労働者の 8時間労働制
  要求の示威運動が起源。89年第二インターナショナル創立大会で決定、90
  年から世界各地で挙行。
  日本では1920年(大正9)第1回を東京の上野公園で行い、36年以後禁止、
  46年復活。労働祭。
   《広辞苑・第六版》

 メーデーというと、広辞苑の語釈の 2の方しか浮かびませんでしたが、 1の
 ような意味もあったんですね。

 一時期(一時代?)はニュースとして採り上げられることの多かった 2番の
 方の労働祭としてのメーデーでしたが、近頃は一時ほどの勢いは無くなった
 みたいです。
 その始まりの要求であった「労働者の 8時間労働制」にみられる労働者の待
 遇改善の目的が、ある程度達っせられたからでしょうか?

 5/1 という、ゴールデンウィークのまっただ中ということもあってか、近頃
 のメーデー行事は労働者の待遇改善を求める示威行動といったハードなもの
 が影を潜めて、本当にお祭りになってきているようです。

 一時期は、語釈 2にある意味の強かったメーデーですが、現在は昔に戻って
 語釈 1にある「春の祭り」になっているようにおもえます。
 折角の風薫る季節ですから、殺伐とした行事より、楽しい行事として定着し
 てくれたらいいですね。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/05/01 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック