こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【柳下恵、士師となりて三度しりぞけられる】
 魯の国の柳下恵は、士師(司法官、裁判官)となって三度も階位を降格され
 たという故事。
 出典は論語・微子篇。

 柳下恵は孔子と同時代に生きた魯の国に大夫(たいふ)です。
 大夫は周の時代の職名で、最上級の大臣に当たる卿の下の位ですから、下級
 の大臣、長官といったところでしょうか。

 この柳下恵は、士師と呼ばれる裁判官に相当するような職にありましたが、
 この職についている間、度々官位を下げられたそうです。
 ある人物が、

  あなたほどの人なら、何処の国に行っても、厚遇が受けられるでしょう。
  なぜ三度も降格されるような屈辱を味わってまで、魯の国に留まってい
  るのですか?

 と尋ねました。柳下恵は

  私はその職にあって、自分が正しいと信じるとおりに判断を下している
  だけです。私がこの方針を取り続ける限り、どの国に行ったところで三
  度くらいは降格されるはめになるでしょう。
  降格されるのが嫌だからと自分の信じる道を曲げ、上司の指示に従うよ
  うな生き方をするのなら、なにもわざわざ生まれ育った魯の国を離れて
  よその国に行くまでもないことです。

 度々降格されたということは、上司(大臣?)からすれば大分扱いにくい部
 下だったのでしょう。それでも罷免されること無く現職に留め置かれたとい
 うことは、煙たいけれどいないと困る、有能な人物であったようです。

 面子を重んじる中国の貴族にとって、官位を下げられることは大変な屈辱だ
 ったと思いますが、それに対する柳下恵の対応はなんとも飄々としておりま
 す。政治家、官僚の言動、行動には厳しい目を向ける孔子ですが、その柳下
 恵評はというと、

  柳下恵は辱めを受けて退くべきところでも退かず、妥協して職に留まっ
  たとはいえ、その言行は思慮深く、道理を外れることがなかった。

 というものです。やや潔癖性の感のある孔子の目からすれば、いわれなく降
 格されるという辱めを受けるくらいなら、辞職すべきであったと考えたよう
 で、そのまま職に留まったということは気に入らなかったようですが、その
 言行は高く買っていたことがわかります。

 二十歳の頃に、論語のこの行を読んだときには、単純に格好いいなと思った
 だけでした。あれから30年、多少は世間の波にもまれた今は、この柳下恵の
 格好いい発言の裏には、どれくらい大変な現実があったかを多少は想像出来
 るようになりました。

 そうなった今、改めてこの行を読んでみると、やはり柳下恵は格好いい。
 ただその格好良さは、二十歳の頃の私が感じた単純な格好さとは、違ったも
 のになっています。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/06/29 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック