こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【デジャビュ】
(フランス語)
 〔心〕それまでに一度も経験したことがないのに、かつて経験したことが
 あるように感ずること。
 既視感。既視体験。
   《広辞苑・第六版》

 「台風が九州地方に上陸する模様です」
 今朝のニュースの映像を見ながら、同じ映像を既に見ていた気がしました。
 少し考えると、それは1週間前の同じ頃にも同様に台風上陸が近づいている
 というニュースが流れていたので、その時の映像が頭に残っていたためでし
 ょう。
 今回の、デジャビュに関しては、謎解きは簡単でした。

◇不思議な体験
 「この道、始めてくるはずなのに・・・」
 時折、そんなことを感じることがあります。

 「あの角を曲がったところには、ポストがあって、
  その先に学校か何かの門があったはず」

 そうした予想は外れていることがほとんどで、予想したものと違った風景を
 目にすれば、「気のせい気のせい」と、すぐに納得出来ますけれど、時とし
 て時には本当にその通りの町並みが広がっていて、予想した自分自身が驚い
 てしまうことが希に起こることがあります。

 多分、覚えていないけれどいつか通ったことがあるのかもしれません。ただ
 それだけのこと。予想したポストの姿が、その時に見つけたポストがありふ
 れた金属製の四角いポストではなくて、昔使われていた陶器製の柱のような
 ポストであったりして、それによってその風景を記憶した時代を特定できる
こともあります。

 こうなると、覚えてはいなかったけれど、既視であることには間違いなさそ
 うで、謎解きは終わりになります。
 しかし、どう考えても自分が訪れるのは初めてのはずなのに、その曲がり角
 の向こうが分かってしまう、いくら考えてもその理由が分からないという体
 験をしたことがあります。
 単なる偶然なのか、そうでない何かがあるのでしょうか。

 「今夜から明日にかけて各地で風雨が強まることが予想されます」
 既視感を覚えさせたニュースはつづいています。
 既視感のもとになった先週の台風は、心配されれたほどの大きな被害を残さ
 ずに通り過ぎて行きましたが、今回の台風もその既視感どおり、大きな被害
 を残さずに通り過ぎてくれるかな?

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/10/13 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック