こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【泥縄】(どろなわ)
 (泥棒を捕らえて縄をなう意)
 事が起こってからあわてて用意をすることのたとえ。「泥縄式」
   《広辞苑・第六版》

 「計画的」という言葉が頭から抜け落ちている私なので、いろいろなことを
 泥縄式に進めることが多いです。
 計画的に物事を進められるように、その姿勢を正すのが最良なのかも知れま
 せんが、それはなかなか出来そうも無い。ではどうするのか?
 その結果、身につけたのが

  「○月×日までに、△△を実行します!」

 と公言してしまうこと。
 言ってしまうと、否応なしにせざるを得ない。
 かくして、「泥縄式は泥縄式なりに物事は進む」というわけです。

 考えてみると、こよみのページの種々の活動も、私が身につけた「泥縄式実
 行方式」の下に始まったものばかり。
 おかげで、締め切りの日辺りになると、

  あ、あれを忘れていた。
  お、これもしなくっちゃ。

 と大忙し。
 既に書いたとおり、もちろんこの「泥縄式実行方式」は次善の策。本来はや
 はり「計画的実行方式」が望ましいのですが、多分私のずぼらな性格では、
 ぐずぐずと「計画」を考えているうちに、実行することも無くお流れになっ
 てしまう気がします。

 望ましいとは本人も思っていませんが、多分これからも泥棒を捕まえてから
 縄をなうことが続きそうです。縄をなっている間、泥棒が大人しくしていて
 くれることを祈りつつという危ない橋を渡りながら。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2014/10/20 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック