こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【花より団子】
 1.風流を解さないこと。
 2.名よりも実利を尊ぶこと。
   《広辞苑・第六版》

 広辞苑の説明はかなりシンプルです。
 もう少し詳しく書いてくれてもいいのに。
 「花より団子」はわかりやすい言葉ですから、これくらいシンプルな語釈で
 十分なのかもしれません。

 「花の美しさを楽しむより団子を食べることの方がよい」ということを、否
 定的に見れば、1の風流を解さないという解釈ができます。津ならない人だ
 なと思われそうです。
 一方、肯定的にとらえれば、2の名よりも実利を尊ぶとう解釈ができます。
 外見にとらわれず、それよりも中身が大切だという考えだと考えると、これ
 は、堅実で好ましい性質。

 言葉の二面性と大上段に構えると恥ずかしいですけれども、「花より団子」
 という単純な言葉にも、こうした二面性が秘められているのですね。

 「花より団子」は、江戸時代にいろはがるたに採り上げられて庶民の間にも
 広く知られ、愛好されるようになった現実主義的なことわざです。

 折しも日本は花の季節。その上本日(2016/4/9)は土曜日。
 きっとあちこちで花見が行われることでしょう。
 そしてあちこちで行われる花見では、このことわざのような、花より団子と
 いう人もいれば、団子より花という人もいるでしょう。その割合はどんなも
 のでしょうね。

 その割合を確かめるために、私もフラフラと近所の花見の名所でも出かけて
 みようかな?
 もちろんどこかで団子を仕入れた後で。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2016/04/09 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック