こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【知るなきにしかず】
 知らない方がよい。
 知るには及ばない。
   《宋名臣言行録》

 「知っておくに越したことはない」ということも多いですが、知らない方が
 よいことも世の中には、ままあります。
 この言葉は、宋の太宗(趙匡義)の時代に宰相を務めた呂蒙正(りょうもう
 せい)の言葉です。

 呂蒙正は、難関中の難関試験として知られる中国の高等官僚試験、科挙を33
 歳で突破(成績第一位)し、それからわずか11年で宰相まで上り詰めた新進
 気鋭の官僚です。
 当然これほどの異例の出世を遂げれば、それを妬むものも多かったはず。

  もとより知るなきにしかず(固不如無知也)

 は、呂蒙正が国政の担当者として廟堂に立って間もなくの言葉です。
 ある日、執政として宮廷に入った呂蒙正を、簾の陰から

  あんな奴が執政か

 と聞こえよがしに言うものがあったそうですが、呂蒙正は聞こえなかったふ
 りをしてそのまま通り過ぎました。しかし、一緒に歩いていた同僚がおさま
 りません。

  何て失礼な奴だ。誰だったか調べてくる。

 と引き返そうとしたときに、呂蒙正が同僚を押しとどめて言った言葉が「知
 るなきにしかず」でした。

 多少の嫉み妬みは気にしなければよい。とはいっても、もしそれを言ったの
 が誰だったかを知ってしまえば、もう忘れることは出来ない。知らない方が
 よいのだと言うことです。

 もとより呂蒙正は、そんな嫉み妬みにへこたれるような人物ではないでしょ
 うし、本人もへこたれない自信を持っていたと思いますが、そうは言いなが
 ら、知ってしまえば忘れることは出来ないという人の心の機微も知っている
 から、「知るなきにしかず」と同僚を押しとどめたのでしょう。

 どんなによい行いだと思ってしたことでも、必ずどこかから非難されること
 はあります。陰口をたたかれることもあります。

 正しいことをしたという信念があれば、非難や陰口など気にしなければよい
 のですが、だからと言ってまったく気にしないでいられるほど、人間は強く
 ありません。時には「知るなきにしかず」と聞かなかったことにすることが
 弱い人間を強くする方法なのかもしれません。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2019/04/16 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック