こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【ラムネ】
 (レモネードの転訛)
 1.炭酸飲料。炭酸水に、甘味料・酸味料・香料などを加え、口にガラス玉
  をはめた瓶に詰める。夏の季語。
  小杉天外、はやり唄「椽頭(えんさき)には―が水に漬つてる」
 2.(ラムネを飲むと、げっぷが出るところから)月賦(げっぷ)の隠語。
   《広辞苑・第六版》

 「ラムネ、子供の頃よく食べました。好きですよ、今でも」

 これは、30代半ばの知人に「ラムネって知ってる」と尋ねたときの答え。
 そうですよね、今、ラムネと言えば錠剤状の菓子を思い浮かべる人が主流で
 しょう。ですから、ラムネと言えば飲むものではなく「食べるもの」という
 答えが返ってきたわけです。

 今日、5/4は「ラムネの日」です。
 この日は、1872年にラムネの製造販売の許可が下りた記念日。1872年と言え
 ば明治5年。ラムネはそんな昔からあったんですね。もちろんここで言うラ
 ムネは飲む方のラムネです。

 大分前から、飲み物のラムネはあまり見かけることがなくなり、替わって飲
 み物のラムネを思い起こさせる清涼感のある錠菓子の「ラムネ」が生まれま
 した。菓子としてのラムネの誕生は1881年説など諸説あってはっきりしない
 (ウィキペディア http://urx.red/VZ51 )いのですが、こちらもかなり古
 くからあったことは確かなようです。

 飲む方のラムネは、専用の特殊な瓶にラムネ玉と呼ばれたガラスの球で内側
 から栓をしたもの。どうやって内側から栓が出来るのか不思議でした。

 飲む方のラムネは、この特殊な瓶が特徴でもありましたが、その瓶の特殊さ
 がネックにもなり、他に多くの炭酸飲料水が登場したこともあって、次第に
 市場から姿を消していきました(なくなったわけではありませんが)。

 一方、食べる方のラムネは着実に売り上げを伸ばし、今では菓子の一分野に
 ラムネ菓子というカテゴリーが出来るまでに。

 こんな訳で、ラムネが飲むものから食べるものへと替わってきました。私の
 主観ですが、この切り替わった時期は昭和の終わり頃〜平成のはじめごろの
 ように思えます。

 区切りの時期は少々あやふやですが、それでも「ラムネ」と聞いて飲み物を
 思い出すか錠剤タイプの菓子を思い出すかである程度、世代を判別すること
 が出来そうです。もちろん私は、「飲む方」の世代ですけど、皆さんは?

 ちなみに、語釈2の「月賦の隠語」の方の使い方は、飲む方のラムネを思い
 出す世代の私でもしたことがありません。
 さらにもう一世代、前の方々ならご存じかな。
 この語釈を見ると、書いた方は私より上の世代の方のようですね?

※後日追記
 読者の、ろまねこさんから昭和9〜11年頃のラムネ菓子につての情報をいた
 だきました。下記 URLのろまねこさんのブログに当時の懐かしい菓子類の
 話が素敵なイラストと共に紹介されています。ご一読をおすすめします。

 「駄菓子」のこと
  https://romaneko.at.webry.info/201506/article_18.html

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2020/05/04 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック