こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【絶弦】(ぜつげん)
 [呂氏春秋本味](「断琴の交わり」の故事から)
 知己に死別すること。その悲しみ。
 伯牙絶弦。
   《広辞苑・第六版》

 春秋時代、晋の国に伯牙(はくが)という古琴の奏者がいました。
 彼は琴に精魂を注ぎ、国随一の琴の名手といわれる人でした。
 この伯牙には鐘子期(しょうしき)という友人がいました。
 伯牙が曲を奏し、鐘子期が聴き入る。そんな二人の関係でした。

 伯牙が高い山々の姿を思い描きながら琴を弾けば
  「ああ、高くそびえ立つ泰山を見るようだ」

 大河の悠々たる流れを思い浮かべながら弾けば
  「洋々たる長江や黄河の流れを感じる」

 と鐘子期は琴の音色から伯牙の思いを、感情の細かな動きの一つ一つまでも
 読み取って誤ることがありませんでした。

 伯牙が琴の名人だとすれば、鐘子期は聞くことの達人だったのです。
 伯牙は鐘子期という無二の聴き手をえたことを喜び、深く感謝しました。

 琴の音によって強く結び付いた伯牙と鐘子期の友情でしたが、その友情は鐘
 子期が病を得て帰らぬ人となったことで終わりをむかえました。

 伯牙は鐘子期の死の死を知ると、愛用の琴を手に取り、弦を断ち切りってし
 まいました。その後、一世の琴の名人と呼ばれた伯牙が琴を弾くことは終生
 ありませんでした。

 鐘子期という最良の聴き手を得てしまった伯牙は、その最良の聴き手を失っ
 たことで、琴を弾く意味も失ってしまったのでしょうか。

 この伯牙と鐘子期の故事から知己の死別の悲しみを表す「絶弦」という言葉
 が、人と人の強い絆を表す「断琴の交わり」という言葉が生まれました。
 また、自分自身を理解してくれる人を表す「知音」もこの故事から生まれた
 言葉です。

 本日のコトノハは、自分を理解してくれる人と出会えた喜びと、その人を失
 う悲しみの深さを教えてくれる「絶弦」という言葉でした。

◇「高山流水」の旅(おまけ)
 古琴の名曲、「高山流水」(「流水」とも)は、伯牙が高い山々と大河の流
 れを思い浮かべて作った曲といわれています。だとすると二千年以上も前に
 作られた曲ということになりますが「高山流水」でYoutube で検索をすると
 いくつか、演奏している動画を見つけることが出来ます。その一つがこれ。

 https://www.youtube.com/watch?v=9rZcpG-u5o0

 すごいことですね。
 しかし、「高山流水」という曲の旅はこれだけで終わりではありません。

 1977年の8月と9月、NASAによって相次いで打ち上げられた無人宇宙探査機、
 ボイジャー1号,2号。
 そのボイジャーには地球の生命や文化を伝えるための画像や音声が納められ
 たゴールドディスクが積み込まれていました。ゴールドディスクに納められ
 た「音」の中に、世界各地の代表的な楽曲の一つとして演奏された「高山流
 水」の録音も含まれています。

 鐘子期を失って、伯牙は琴の弦を絶ってしまいましたが、その伯牙が作った
 曲は、今も生き続けて星々の間を旅しています。ボイジャーは既に太陽系の
 外縁を越え、恒星間空間に足を踏み入れていると考えられています。ただ、
 恒星間の距離は想像以上に遠く、ボイジャーがもっとも近くの恒星近傍を通
 過するまでには、4万年の時が必要です。

 伯牙の作った「高山流水」の旅は、まだまだ続くようです。
 もしかしたら、永い永い旅の果てにこの曲は、聴くべき相手に出会えるかも
 しれませんね。伯牙が鐘子期に出会えたように。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2020/05/30 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック