こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【傍ら痛い】(かたわら いたい)
 [形容詞]かたはらいた・し(ク)
 (傍らにいて心が痛む意。「片腹痛い」は中世以後の当て字)
 1.気の毒である。また、そばで見ていて、いやな気がする。源氏物語桐壺
 「うへ人、女房などは傍ら痛しと聞きけり」。
  枕草子96「傍ら痛きもの。よくも音弾きとどめぬ琴を、よくも調べで、
  心の限り弾きたてたる」
 2.きまりが悪い。はずかしい。いたたまれない。
  源氏物語椎本「傍ら痛うて御いらへなどをだにえし給はねば」
 →かたはらいたい
  《広辞苑・第六版》

 数年前、「片腹痛い」を辞書を引いて「片腹痛い」がこの「傍ら痛い」の
 「傍ら」を「片腹」に取り違えたところから生まれた言葉であると知りまし
 た。今までの人生のうち、実に 90%以上の期間を私はこの「片腹痛い」の方
 だけしか知らなかったのでした。

  そんな迂闊な者が「コトノハ」などとは、片腹痛い

 そう笑われても仕方がない。
 派生して生まれた「片腹痛い」の方はこんな風に使うのでしょうけれど、元
 となった「傍ら痛い」の方は、気の毒であるとか(相手の気持を慮って)傍
 らにいて辛くなるという意味の言葉。「片腹痛い」とはまるでちがった意味
 の言葉です。

 「傍ら痛い」が元々あった言葉なのに、今ではこの言葉の間違いから生まれ
 た「片腹痛い」の影に隠れてしまって、「傍ら痛い」という言葉を使っても
 その意味は通じないかもしれませんね。

 本家なのに、すっかり影の薄くなってしまった「傍ら痛い」のことをおもう
 と、いたたまれないですね。
 こんなときにつかうのかな? 傍ら痛いって。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2020/08/05 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック