こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【白雨】(はくう)
 ゆうだち。にわかあめ。
 夏の季語
   《広辞苑・第六版》

 夏の夕方、急に降り出す激しい雨、夕立の呼び名の一つです。
 激しく降る大粒の雨が地面を打ち、跳ね返る飛沫によって風景が白く霞むこ
 とから白雨という呼び名が生まれたのでしょう。

 一昨日は夏らしく暑い一日でした。
 午後になって、窓から吹き込む風が心なしか涼しくなってきたことに気がつ
 き窓の外に目を遣ると、まぶしく光る夏雲が見えていた窓からの風景が翳っ
 ていました。窓から吹き込む風が涼しくなってきていたのは夕立がやってく
 る前触れでした。

 程なくして雷を伴った激しい雨が降り出しました。
 ただ雷までは遠くて、音を伴わない雷光が天から地に向かって奔る姿が見え
 るだけでした。

 ついさっきまで、太陽によって熱く熱せられ、カラカラに乾いていたアスフ
 ァルトの道路も、一瞬にして黒い、アスファルト本来の色に戻り、次に雨の
 飛沫とも、湯気ともしれないもやによって白く霞んでゆきました。

 この雨の中、外にいたら大変だったろうなと思いながらしばらく、白く霞ん
 だ道路を眺めていました。あと少しして、この白い霞が消えれば過ごしやす
 い涼しい夏の夕暮れががやってくるのだろうな、そんなことを考えながら。

 今日もまた、一昨日とよく似た暑い夏の日。
 夕方には白雨が、夏の暑さを流し去ってくれるのかな?

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2020/08/15 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック