こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
【蓮】(はす)
 (「はちす」の略)スイレン科の多年草。インドなどの原産。
 古く大陸から渡来した。仏教とのかかわりが強く、寺院の池、また池沼・
 水田などに栽培。長い根茎は先端にゆくほど肥大し、ひげ根を出す。
 葉は水面にぬき出て、円く楯形で直径60センチメートルに達し、長柄がある。
 夏、白色または紅色などの花を開く。
 普通16弁。果実・根茎(蓮根れんこん)などを食用。古名、はちす。
 夏の季語。
   《広辞苑・第六版》

 これを書いているのは、2021/7/24。昔々、中国では六月二四日(いわゆる
 旧暦による日付)は観蓮節とよばれ、この日には蓮の花を愛でる観蓮会が行
 われていたとか。この中国の慣習は日本にも伝えられ、日本でも観蓮節が行
 われるようになりました。現在は、この風習を月遅れで行う地域が多いとの
 ことで、今日は月遅れの観蓮節にあたることから、コトノハで「蓮」を取り
 上げることにしました。

 蓮はインド原産とされますが、日本でも新生代第三期〜四期の時期の化石が
 発見されているとのことなので遠い昔は、蓮の仲間が自生していたのでしょ
 う。現在の蓮はインド原産のものが渡来したもとだとしても、2000年以上前
 の地層から発見された大賀蓮の例を見ればわかるとおり、弥生時代には既に
 日本でその花を咲かせていた、歴史の古い花です。

 蓮は仏典によれば釈迦が生まれたとき、母の摩耶夫人の周囲に咲き乱れてい
 た花で、釈迦はその花の一つの中に立って「天上天下唯我独尊」と第一声を
 発したといわれています。その真偽の程はさておくとして、泥沼に生えて泥
 に染まらず、真っ直ぐに茎を伸ばして清浄な美しい花を咲かせる蓮に、何か
 神聖なものを感じていたことは間違いないでしょう。

◇観蓮会のタイミング
 蓮の花は、1日目には午前5〜6時頃から花が開きだし、完全には開ききらな
 いまま、午前8時頃には閉じてしまい、2日目には未明から開き始め、朝に開
 ききって昼頃には再び花を閉じてしまいます。3,4日も同様に花を開きます
 が、4日目には開ききってから外側の花弁から脱落し始めて、花を終えると
 のこと。なかなか時刻にうるさい花ですので、この気むずかしい花を楽しむ
 ためには、早起きすることが肝要なようです。

 ちなみに、「蓮の花が開くときにはポンッと音をたてる」といわれますが
 どうやらこれは事実ではないようです。でもあれだけ大きな花ですから、
 何となく「ポンッ」という音が聞こえてきそうな気はしますね。

 明日の日曜日、早起きして蓮の花を眺めに行こうかな。
 まだ涼しい早朝の空気を感じながらね。

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2021/07/24 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック