こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■金色夜叉と旧暦

 「宮さん、こうして二人が一処に居るのも今宵限りだ。・・・
  一月の十七日、宮さん善く覚えてお置き、
  来年の今月今夜は寛一は何処で此月を見るのだか。

  再来年の今月今夜・・・十年後の今月今夜・・・
  いいか、宮さん、一月の十七日だ。
  来年の今月今夜になったならば、僕の涙で必ず月は曇らしてみせるから」

 (尾崎紅葉作「金色夜叉」から抜粋。説明に関係のない途中を適宜省略)


 今日は金色夜叉の一部、有名な貫一、お宮の別れの場面の引用からスタート
 です。
 正直に言って私は金色夜叉を読んだことは有りません(一部抜粋を読んだだ
 け)。ですがそれでも、

  「来年の今月今夜、再来年の今月今夜、
   十年後の今月今夜の此の月を、僕の涙で曇らせて見せます」

 というフレーズがすらすら出てくるほど有名な場面です。
 金色夜叉は、明治30〜35年(1897〜1902年)の間読売新聞に連載された小説で
 す(未完)。
 さて、この金色夜叉と暦がどんな関係が有るかというと、それは

  「今月今夜の月」

 と言うフレーズです。
 この熱海の海岸での情景の描写はどうやら満月の夜。連載が始まった年の1/
 17の月の様子を調べてみるとドンピシャ。

 1897/1/17 は旧暦では 12/15。つまり十五夜の満月(天文学的満月はこの 2
 日後でしたが)です。どうやら尾崎紅葉は、連載時点で既にこの場面を思い
 描いていたようです。

 さて、この場面で貫一氏が「来年の今月今夜、再来年の・・・」と言ったと
 き、氏の脳裏にあった月はきっと、その夜と同じ満月だったことは、この文
 章を読む限り間違いないことと思います。ところがです、明治30年当時は既
 に太陽暦。
 もうお解りでしょう? そう、太陽暦の来年の今月今夜の月は、満月である
 はずがないのです。

 貫一氏が言った、来年、再来年、十年後の月の様子をその日の旧暦の日付で
 考えてみましょう。

  今年   1897/1/17 ⇒ 旧暦 12/15 (十五夜・・・ほぼ満月)
  来年   1898/1/17 ⇒ 旧暦 12/25 (二十五夜・・明け方の細い月)
  再来年  1899/1/17 ⇒ 旧暦 12/ 6 (六夜・・・・上弦の月の前日)
  十年後  1907/1/17 ⇒ 旧暦 12/ 4 (四夜・・・・三日月の翌日))

 うーむ、何れも満月にはほど遠い。「三年後の今月今夜」とでも言えば十七
 夜、立ち待ち月でしたから、満月に近いのですがそれではいかにも取って付
 けたような浮いた台詞になりますしね。

 ではなぜこんな言葉が出てきたのか。これが旧暦(太陰太陽暦)を使用して
 いた時代だったらこの名台詞の通りだったのです。尾崎紅葉の頭の中には旧
 暦時代でなら常識だったこの事実があったのでしょうか。あるいは、旧暦時
 代に「今月今夜の月」のような用法が慣用句としてあって、それを用いただ
 けなのか。この辺の事情は私には判りませんが、細かく見ると名台詞も

   「あ、それおかしい」

 と揚げ足とりの材料と化してしまいます。いちいち揚げ足とりなさんなと言
 われればそれまでですが。

 それにしてもこの小説の連載開始が1897年ですから、太陽暦への改暦からは
 実に24年も経過しています。それでもこんな「今月今夜の月」が同じに見え
 ると考える人が大勢いたとすると、太陽暦の普及は大分難航したようですね。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/01/12 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック