こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■二十四番花信風 (にじゅうしばんかしんふう)
 冬至の後の二十四節気(にじゅうしせっき)、「小寒」から春の終わりの
 「穀雨」の季節に、それぞれの時節に咲く花を知らせる風のことを二十四
 番花信風と言います。

 小寒から穀雨までの節気は 8、それぞれの節気に咲く花が 3種類ずつ配され、
 二十四種類の花の名が列びます。ちょうどこの期間の七十二候(しちじゅう
 にこう)に一つずつ配される格好です。

 それぞれの花は俳句の季語として採り上げられるなどして、暦と季節を結び
 つける役割を果たしてくれていますので採り上げてみました。

 以下に、二十四番花信風の花と、それぞれの時期を対応する七十二候の日付
 で並べてみましたのでご覧下さい。難しい文字も多いですので読みにくいで
 すが、そこはご勘弁下さい。

 なお、七十二候の日付は今年(2007年)のものです。年によっては 1日位ず
 れることがありますが、充分参考にはなると思います。

 ・小寒
    1/06 梅
    1/11 山茶(椿)
    1/16 水仙

 ・大寒
    1/20 瑞香(沈丁花・じんちょうげ)
    1/25 蘭
    1/30 山礬(灰木・はいのき))

 ・立春
    2/04 迎春(黄梅)
    2/09 桜桃(山桜桃・ゆすらうめ)
    2/14 望春(辛夷・こぶし)

 ・雨水
    2/19 菜(菜の花)
    2/24 杏
    3/01 李

 ・啓蟄
    3/06 桃
    3/11 棣堂(山吹)
    3/16 薔薇

 ・春分
    3/21 海棠
    3/26 梨
    3/31 木蓮

 ・清明
    4/05 桐
    4/10 麦
    4/15 柳

 ・穀雨
    4/20 牡丹
    4/25 荼靡(頭巾薔薇・ときんいばら)
    4/30 楝(栴檀)

 今日のこぼれ話は、なんだか「コトノハ」風ですね(だからと言うわけで?
 コトノハは休みます)。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/01/26 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック