こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■振替休日のはなし
 今年は2/11の建国記念の日が日曜と重なりましたので、本日2/12は振替休日。
 と言うことで、「振替休日」についてちょっと考えてみます。

◇振替休日の誕生
 1973(昭和48)年4月12日 法律10 (即日施行)
 「振替休日」(第三条第二項)を追加。

 祝日に関する規定をまとめた法律、「国民の祝日に関する法律」(略して、
 祝日法)に振替休日に関しての規定が加わったのがこのとき。
 それまでは、祝日と日曜日が重なると、

  休み一日、損した気分

 になっていましたが、これで一安心。

◇振替休日の新旧
 2005(平成17年5月20日 法律43 (2007(平成19)年施行)
 昭和の日(4月29日)に、みどりの日(4月29日)を5月4日へ変更(昭和の日法案)。
 これに伴って振替休日と国民の休日についての小改正(2007(平成19)年1月1日
 施行)。

 2005年、いわゆる「昭和の日法案」が可決されました。
 「昭和の日」誕生という華々しい話の影で、振替休日につても微妙に内容が
 変わりました。
 その前後の条文を並べてみます。

 ・旧振替休日の決まり
「国民の祝日」が日曜日にあたるときは、その翌日を休日とする。

 ・新振替休日の決まり
「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も
  近い「国民の祝日」でない日を休日とする。

 ちょっと違いますね。
 祝日が混み合った、ゴールデンウィークなどでは、

  日曜と重なった祝日の翌日が更に祝日

 と成る可能性が出てきてしまいました。
 2005年の改正はこれを考慮したものと思われます。

◇振替休日と言う言葉
 「振替休日」と当たり前のように書きますが、祝日法では単に

  休日

 とだけ書かれていて何処にも振替休日の言葉は登場しません。
 この呼び名は、他の休日と区別するために便宜的に使われた言葉だったので
 す。これって、意外に知られていない事実ですね。

 なお、本日採り上げた祝日法の条文や条文に関する説明はWeb こよみのペー
 ジの、

  「国民の祝日に関する法律」
  http://koyomi8.com/sub/syukujitsuhou.htm

 に記載されたものです。一度ご覧下さい。
 目次からは、 祝祭日一覧 → 国民の祝日に関する法律 と進むと見るこ
 とが出来ます。参考にして下さいね。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/02/12 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック