こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■2/15は忌日がいっぱい?
 今日の記念日データをご覧頂ければ解るとおり、2/15は有名人の忌日が沢山。
 沢山といっても三人ですが。ただ何れも誰でも知っている有名人ですね。

 有名人三人の忌日が同じ日とは、何とも目出度い・・・と、記念日とはいえ
 忌日なので、目出度いは無いですね。失礼。
 今日は三人の忌日にまつわる話を拾ってみます。

◇涅槃会 (ねはんえ)
 釈迦入滅の日とされています。この日がいつかというと諸説あるようですが、
 BC 386年の 2月15日というのが有力なようです。
 こんな風に書くと、ではこの日付を現代の太陽暦に置き換えると何月何日?
 という質問が起こりそうですが、この質問には早々に白旗を揚げます。

 2400年前のインドの暦がどんな仕組みで、どのくらいの精度で、またどれく
 らいきちんと管理されていたのかなんて言う問題は、もう五里霧中なのです。
 では仏教が伝来して、涅槃会などを執り行うようになった時に先人達は、こ
 うした暦の違いをどう解決したのかというと、答えは、

  気にしなかった

 です。暦の違いなど気にせず(気づかず?)2/15は2/15で、そのまま使いま
 した。新暦に変わった後もこの先人の大らかさを見習って、そのまま2/15と
 すれば良かったのに、この行事は「旧暦の日付」でないと思っている方が多
 いらしく、旧暦や月遅れの2/15に法要を行うところもあるようです。不思議。

 ちなみに、釈迦入滅の日は2/15。これを「旧暦の2/15」とすると、その六曜
 は仏滅。あら、やっぱり仏滅は仏様が亡くなったときだったんですね、とい
 うのは眉唾。日本に六曜が伝えられた当初は「仏滅」なんて言葉はなかった
 しそれらしい日(「空亡」というもの)も2/15ではなかったのですから。

 仏様の入滅が2/15なら、その日を縁起の悪いものになるようにしようとして
 「仏滅」なんて言葉をくわえたのではないでしょうか。つまり後付なんです。
 こんな仏滅なんかに振り回されないようにしたいものです。

◇西行忌 (さいぎょうき)
 実は翌日の2/16も行忌です。亡くなった日付は文治6年(AD1190)2月16日なの
 で、明日の方が、忌日らしい忌日ですが、2/15も西行忌と言うようになった
 のは西行の生前の願いを叶えてあげるためなのです。西行といえば、

  願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃

 の歌がことに有名。西行といえば桜と言われるほど桜を愛した歌人が、その
 桜の花の咲く頃、その下で死にたい。それは、きさらぎ(如月・二月)の望
 月(十五夜)の頃。

 ただ桜の花の咲く時期なら「春如月の頃」でよいはずですが、「きさらぎの
 望月の頃」とわざわざ限定しています。これは、西行が仏門にあったと考え
 ると理由がわかります。釈迦入滅と同じ日に自分も死にたいという二重の願
 いが「きさらぎの望月の頃」に込められているのです。

 そのため、実際に亡くなったのは16日でも、願いのとおり2月15日を忌日とし
 たというわけです。こうして二つの西行忌が出来てしまいました。

◇兼好忌 (けんこうき)
 西行から遅れること 160年。正平5年(AD1350)2月15日が徒然草で有名な兼好
 法師が亡くなったとされる日(この 2年後も存命であったという説もあるが)。
 
 こちらには西行のような「ドラマチックな話題」はありませんが、代わって
 面倒くさい話が。それは元号。
 兼好が亡くなったとされる正平 5年は西暦では1350年ですが、この1350年に
 当たる元号はと調べると

  AD1350年 = 正平五年 = 貞和六年 = 観応元年

 まず、この時代は南北朝時代なので南朝と北朝の二つの元号がある。この区
 分で言うと、

  南朝 ・・・ 正平
  北朝 ・・・ 貞和、観応

 なぜ北朝に二つの元号があるかというと、貞和は六年まで。そしてAD1350は
 貞和六年。そしてこの貞和六年は途中改元が為されて、観応元年に。

 昔の伝統では年の途中に改元が為されると、その年の初めまで遡って元号を
 かえるので、歴史的には貞和六年という年が確かにあっても暦的にはこの年
 は観応元年と扱われる。ややこしい。
 まあ、重箱の隅をほじくるような話ではあるのですが。

 こぼれ話ついでに言えば、もう一つ。
 兼好法師というと普通は「吉田兼好」と呼ぶことが多いのですが、ご本人は
 「卜部兼好(うらべかねよし)」。

 生家、卜部家が京都吉田神社の神官の家系で、子孫が吉田姓を名乗ったため、
 後世「吉田兼好」お呼ばれるようになりましたが、本人は「吉田」を名乗っ
 たことはないはずです。
 最後は、全く暦と無関係の、こぼれ話でした。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/02/15 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック