こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■霜止み苗出ず
 本日、2007/04/25は七十二候の一つ、二十四節気「穀雨」の次候、「霜止み
 苗出づ」という日に当たります。
 霜が降ることを心配した日々もそろそろ終わりの頃と云うことです。

◇霜とは
 霜は寒い冬の朝に空気中の水蒸気が、地面や地面に近い場所にある物の表面
 で凍り付いたものです。
 気温が摂氏 2℃程度まで下がると、霜となるといわれています。

 霜は氷の一種ですから、凍るのは摂氏 0℃のはず。なぜ摂氏 2℃の気温で霜
 となるのか不思議ですが、これは気温を測る場所が地表から1.5mの高さであ
 るからです。こんな寒い日は地面に近いほど気温が低くなり、気温を測る地
 表から1.5mでは 2℃でも地面付近では 0℃まで下がることがあるからです。


◇遅霜
 さて、こんな寒い冬特有と思われる霜ですが、意外と遅い時期まで降ること
 があります。こうした遅霜は農作物に被害をもたらすものであることから、
 農家の方々には気になるところでしょう。理科年表の遅霜の記録から各地の
 遅霜の時期を調べてみると次のようになります。

  鹿児島 3/11 (4/22)
  京都  4/09 (5/19)
  東京  3/13 (5/16)
  仙台  4/18 (5/20)
  札幌  4/25 (6/28)

 最初に書いた日付が、遅霜の年平均月日。()内の月日は、観測記録に残るも
 っとも遅い日付です。

 こうしてみると、4/25という日付は記録的な遅霜の日付よりは早い(鹿児島
 以外)のですが、平均的な遅霜の日付よりは遅い(札幌以外)日付ですので
 数年に一度といったレベルで考えるとこの辺りまでは注意が必要だったわけ
 です。

 霜が降りやすいのは放射冷却効果が大きいよく晴れた夜。
 霜に弱い作物を育てている農家の方達にとって、霜が気にかかる日々もそろ
 そろ終わりとなる時期がこの「霜止み苗出づ」の頃ということのようです。

 ちなみに、霜は冷えた地表に上空から水蒸気がやって来て初めて出来る現象
 ですから、屋根があったり、何か覆いがある部分には霜が見られません。
 「霜が降る」という表現が生まれた理由です。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/04/25 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック