こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■草木も眠る「丑三ツ刻」
 最近は夜明けが早くなりました。
 本日は、このメルマガを書くため(?)午前 4時頃からごそごそしておりま
 したがそのときには外は仄かに明るくなっていました。

 さて、朝が早くなったという話かと思わせてさにあらず。本日は「丑三ツ刻」
 の話をします。

◇本題の前に
 江戸の昔の時刻の話は結構複雑です。
 我々から見ると随分不思議な時刻系です。

 公的な時刻は定時法という一刻の長さが同じというものなのに、日常に使わ
 れる時刻は不定時法という、一刻の長さが昼と夜で異なるし、季節によって
 も変わるもの。
 その上、呼び方も違うこともあるし、同じ呼び方をする場合もあるし・・・。

 我々から見ると不思議な当時の時刻、この時代の人たちはよく間違えずに使
 えたものだと思っていると、実は当時の人も大分混乱していた様子。どうや
 ら、大分間違えて使っている場合が有ったようです。

 我々は、その当時の人たちが記録した正しいものも間違ったものも混在した
 記録を読むことになるため、ますます混乱します。
 混乱しないために、この当時の時刻の話をする場合は、

  「今はどの時刻の話をしているか」

 を常に意識しておいて下さいね。


◇丑の刻 (うしのこく)
 子・丑・寅・・・と一日を十二等分する時刻は、

  十二辰刻法 (じゅうにしんこくほう)

 と呼ばれ、公的な時刻の呼び方でもあります。これは定時法といい、一辰
 刻(こういう場合、「辰刻」は「とき」と読みます)は現代の 2時間にあ
 たります。

 さて、この時刻法の始まりは子の刻ですが、この子の刻とは現代の23時〜
 翌日 1時の 2時間。丑の刻は子の刻の次ですから午前 1時〜 3時を指しま
 す。


◇丑三ツ刻
 まあ、のんびりした時代だったとはいえ、 2時間に相当する一辰刻が時刻
 の最小単位では少々のんびりしすぎなので、もう少し細分した表現が有り
 ます。まず、一辰刻を二等分して前半を「初刻(しょこく)」、後半を
 「正刻(しょうこく)」という方法。
 「丑の正刻」といえば、午前 2時頃を指すことになります。

 更にこれより細かな分け方としては、一辰刻を四刻(しこく)に分ける方
 式があります。ややこしいのは一辰刻を四等分したものまで「刻(こく)」
 と呼ぶこと。丑三ツ刻は、「丑の三刻」を意味します。

 我々の場合、物事の基点を「零」と考える事があたりまえになっていますが
 昔はそうではなくて「一」から始まります。つまり、丑の一刻、二刻・・・
 となるわけです。この辺をまとめて書くと

  丑の刻 → 丑の初刻 → 丑の一刻 (午前 1時 0分)
             → 丑の二刻 (午前 1時30分)
        丑の正刻 → 丑の三刻 (午前 2時 0分)
               丑の四刻 (午前 2時30分)

 といった具合になります。
 丑三ツ刻とは「丑の三刻」のことで、現在の時刻でいえば午前 2時。
 草木も眠る時刻です。


◇丑満刻(うしみつどき)?
 「うしみつどき」丑三ツ刻のことと書きましたが、たまに「丑満刻」と書く
 場合も有ります。丑三ツ刻である丑の三刻はまた丑の正刻。ちょうど丑の刻
 の真ん中の時刻でもあります。

 このため、「丑の刻が満ちた時刻」という意味で「丑満刻」とする場合があ
 るようです。
 丑三ツ刻は、丑満刻でもあるわけですね。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/04/27 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック