こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■立夏(りっか)
 太陽中心が視黄経45度を通過する日。旧暦四月節。八節の一つ。

 立夏は、暦の上での季節の始まりを示す立春・立夏・立秋・立冬の一つ。
 夏の始まりを示す日です。

 「立」は旅立ちなどで使われる「立」。始まりを表す言葉です。
 立春・立夏・立秋・立冬という 4つの「立」を総称して四立(しりゅう)と
 いいます。

 四立と、冬至・夏至・春分・秋分の二至二分(にしにぶん)をあわせると、
 八節(はっせつ)となります。

 二至二分にはそれぞれ、目に見える特徴があります。冬至・夏至はそれぞれ
 太陽がもっとも南、あるいは北から昇る日で、昼がもっとも短いあるいは長
 い日です。春分・秋分は太陽が真東から上り真西に沈む日で、昼と夜の長さ
 が同じになる時期でもあります。

 それに対して、同じ八節の仲間であっても四立には、そうした目に見える何
 かはありません。四立は、太陽の動きなどとは直接関係なく生まれたものな
 のでしょう。

 二至二分は四季といわれる 4つの季節のそれぞれの極み。季節の中心と考え
 られるものです。だとすれば季節の中心と中心の中間地点は、季節の始まり
 であり終わりの時点を示すものだと考え、この季節の始点でありまた、終点
 でもある点に四立の名を与えたものと考えます。
 つまり同じ八節にあっても、

  ・二至二分は暦を作るためのもの
  ・四立は暦が出来て以後生まれたもの

 という違いがあるのだと私は考えています。
 四立にだって例えば「太陽中心が視黄経の45°を通過した日」という天文学
 的な意味があるではないかと仰る方もいらっしゃるでしょうが、この定義は
 後から「四立に相応しい明確な定義」として作られたものであって、四立の
 成立に先立つものではありません。

 そう考えると二至二分より、四立の方がより暦的な記述と言えるかもしれま
 せん。

 二至二分と四立の八節がやがて、月の満ち欠けから始まった一年を12の月に
 分割する方式と出会って生まれたのが、おなじみの二十四節気。
 暦がどんな風に発達してきたのだろうかと、夏の初めのこの時期に、その誕
 生の秘密を推理してしてみても面白いかもしれませんね。

 ちなみに、夏から秋へとバトンタッチとなる立秋は 8/8。94日後のことです。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/05/06 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック