こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■夏至の日に地球を測った男
◇シェナの不思議な深井戸
 エジプトのシェナ(現在のアスワン)の町には深い井戸がありました。
 この井戸はとても深くて、いつもは覗き込んでも暗くてその水面を見ること
 が出来ません。ですが一年に一度だけ、夏至のに日はこの井戸の水面に日が
 射してきらきら輝くことが知られました。


◇エラトステネス
 この不思議な深井戸の噂を聞いて興味を持った男がおりました。
 彼の名前はエラトステネス。
 アレキサンドリアに住む数学、天文学、地理学、文献学など広い分野で活躍
 するエジプトの学者でした。

 一年に一度、夏至の日にシェナの不思議な深井戸の底に日の光が射し込むと
 聞いた彼は、それはその日に太陽がシェナの真上を通るからだと考えました。
 そして同じ日(つまり夏至の日)にアレキサンドリアで棒を立て、太陽の高
 度を測ってみました。

 測定の結果、アレキサンドリアでは太陽は真上ではなく、真上から 7.2°低
 い場所までしか昇りませんでした。

 エラトステネスは月食が月に落ちた地球の影によるものだと考えていて、そ
 の影の欠け際ががいつも丸いことから地球は丸いのではないかと予想してい
 ましたから、この夏至の日の太陽の高度の違いも地球が丸いから起こる現象
 ではないかと考えました。だとすれば・・・

   シェナの町とアレキサンドリアの距離は5000スタジア(約 925km)と
   両地点の太陽の高度角の差から地球の大きさを測ることが出来る!

 と彼は考えました。図を書いて考えれば簡単にこの原理が判ります(手近の
 紙と鉛筆でこの関係を書いてみてくださいね)。


◇地球の大きさ
 以上の関係を式に書き表せば、

  7.2° : 360° =  925km : X km (X が地球の全周距離)

 この関係から Xを求めれば、

  925km × 360°÷ 7.2°= X = 46,250km

 となります(現在の測定では全周は約40,000km)。この測定がなされたのは
 紀元前 195年のこと。今から2200年も前のことです。

 実際にはシェナとアレクサンドリアは同一の子午線に有るわけではありませ
 ん(約 3°ずれている)し、シェナは北回帰線上(本日のコトノハ参照)に
 ピッタリ有るわけでもありません(北へ60kmずれている)。

 さらに両地点の距離にも大分間違いがある(本当は725km?)など、この計算
 結果自体はかなり誤算の多いものですが、そんなことは、この時代に地球が
 丸いという証拠を子午線距離を測るという直接的な行動で示したという言う
 偉業の前にはとるに足らない問題です。


◇お月様の上に
 ちなみにこのエラトステネスは、その数々の業績をたたえられ、月のクレー
 ターにその名前を留めています。
 月面のエラトステネスクレーターは雨の海の畔の、直径58kmの美しいクレー
 ターです。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/06/22 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック