こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■月遅れのお盆です
 本日は、8/13。
 月遅れのお盆の入りですね。
 この日に合わせて帰省という方も大勢いることと思います。

◇昨今のお盆の日付
 半月ほど前、日刊☆こよみのページのアンケートコーナーで、
 「あなたにとってのお盆の日付を教えてください」
 というアンケートを致しました。投票してくださった方も大勢いらっしゃる
 ことと思います。
 さて、その結果を見ると、

  80.1% 月遅派 (新暦 7/15+1ヶ月 → 8/15頃)
  10.7% 新暦派 (新暦 7/15頃)
   5.6% 旧暦派 (旧暦 7/15頃 → 今年は 8/27頃)
   1.5% 新暦・旧暦・月遅以外の日付
   2.0% その他(お盆行事を行わない、いつでもよい等)
  (総票数 196)

 となっております。
 この結果からすると、約8割強の方が月遅れのお盆を、「お盆」としている
 ことが判ります。

 アンケートを行う前から月遅れのお盆が一番多いだろうとは思っていたので
 すが8割強というのはちょっと驚きです。もう少し「純旧暦派」や「新暦派」
 があると思っていたのですが。


◇お盆+藪入り = 月遅れの盆
 月遅れのお盆がこれほど広まったのはいつ頃のことなのでしょうか?
 この辺の話は、今のところ私には判りません。今後調べてみたいことです。
 変遷の様子がはっきりしませんので、決めつけるのは危険ですが、敢えてそ
 れを行えば、それは現代風の「藪入り」と関係があるのでは無いでしょうか。

 昔の奉公人の休みと言えば盆と正月の藪入りくらいしかありませんでした。
 藪入りには、奉公先から実家へ帰って家族と過ごすのが楽しみ。
 もちろん、実家に帰ってご先祖様のお墓参りも重要なこの時期の行事。

 お盆という行事が、ご先祖様との繋がりの強い行事ですから、お盆のために
 帰るとすると、この日付は帰る先のお盆の時期に合致することが望ましい。
 明治の改暦以後、年中行事の新暦化がありましたが、お盆に関して言えばそ
 の新暦化は、東京近辺からあまり広がりませんでした。

 これは、ご先祖様のお墓の多くある「田舎」では伝統的な行事の日付の新暦
 化が進行しなかったことを意味します。ですから、都市部に生活する人たち
 も「田舎」を持っている人たちにとっては、新暦より旧暦でのお盆がお盆ら
 しいお盆だったと思います。

 ところが、お盆と言えば「藪入り」という休暇の時期でもあります。
 休暇に帰って「お墓参り」ですから、お盆と藪入りは一体不可分。
 ところが、仕事や学校のスケジュールと言えば新暦に沿ったものですから、
 毎年新暦では日付が変わってしまう純旧暦のお盆では、このスケジュールと
 の調整が難しい。

 その結果が月遅れのお盆なのではないでしょうか。
 もしそうだとすれば、学校の夏休みの期間などを考えると、新暦でも、旧暦
 でも無くて、その折衷案の「月遅れの盆」が一番扱いやすいとして、月遅れ
 の盆がこんなに広がったのではないでしょうか?


 お盆の時期変遷など、更に調べて、また考察を加えて行きたい話です。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/08/13 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック