こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■二百十日
 明日 9/1は二百十日。
 二百十日と言えば、嵐が来襲する日として恐れられた日です。

 嵐が来襲する日としてこの時期に恐れられた日は、八朔(はっさく。旧暦八
 月朔日)とこの二百十日、そして二百二十日の三日。合わせて三大厄日とし
 て恐れられました。ちなみに三大厄日の今年の日付を求めると、

  八朔   ・・・ 9/11
  二百十日 ・・・ 9/01
  二百二十日・・・ 9/11

 となります。
 この中でも特に二百十日は有名で、1684年の貞享(じょうきょう)改暦から
 幕府が発行する官暦に取り入れられた雑節です。

◇「二百十日」の数え方
 二百十日と言うからには、どこか基点となる日から数えた結果だと言うこと
 はお解りになりますね。ではどこが基点かと言えばそれは立春です。
 立春はだいたい 2/4辺り(今年も 2/4)となります。寒さ厳しい頃です。

 その寒さ厳しい頃から、せっせと数えて二百十日目が二百十日。 5月の八十
 八夜などとその数え方は同一です。ただ、八十八くらいならカレンダーの上
 で数えても数えられそうですが、二百十日ともなると、どこかで間違えそう
 ですね。旧暦時代の方は大変だったことでしょう。現在は新暦を使っていま
 すから、二百十日は 9/1か、まれに8/31とくらいでほとんど変化することが
 ないので助かります。

 時々「二百十日とは、立春からの経過日数ですか?」と尋ねられることがあ
 るのですが、立春その日を「一」と数えての二百十日目ですから、経過日数
 では二百九日になります。お間違えないように。


◇二百十日採用に関する故事
 二百十日を官暦に雑節として取り入れたのは、幕府天文方の渋川春海(しぶ
 かわはるみ)です。渋川が二百十日を雑節に採用するにあたっては、次のよ
 うな故事が伝えられています。

 釣りが好きだった渋川が、ある日海釣りをしようと船を借りて沖に出るよう
 に船頭にたのんだところ、その船頭が、「二百十日には必ず海が荒れる」と
 いって渋川の頼みを拒んだそうです。
 その日は晴れていたので船頭の言をいぶかった渋川でしたが、様子をうかが
 っていると次第に南方から雲が広がり始め、船頭の言ったとおり嵐となって
 しまいました。

 このことがあって、船を操るものたちにとっては嵐がやってくる日としてこ
 の二百十日という日がよい目安になるという有用性を知った渋川が、自分が
 中心となって編集を進めていた貞享暦にこの「二百十日」を雑節として追加
 することにしたのだそうです。故事としては定番のパターンの話ですね。

 官暦への採用は確かに貞享暦からなので、実際に渋川が二百十日の嵐を体験
 して雑節に加えたと言う話が全くの作り話とは言えませんが、貞享暦への採
 用以前から伊勢暦にはこの「二百十日」が記載されていたことが知られてい
 ますので、実際はこうした地方暦に記載された雑節のうちで有用と思われる
 ものを官暦に採用したと言うところでしょうか。


◇主役交代?
 二百十日と二百二十日は何れも嵐の厄日ではありますが、どちらが主役かと
 言えばやはり二百十日。二百二十日はやはり脇役と言った役どころでしょう。
 ところが最近は、二百十日より二百二十日の方が嵐の来襲の回数は多いと言
 われています。これも地球温暖化の影響なのかも。

 時代変わって、主役の二百十日と脇役の二百二十日の関係も変わってきたの
 かもしれませんね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/08/31 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック