こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■コカ・コーラの日本上陸は9/1
 昨日 9/1は日本で始めてコカ・コーラが発売された日です。
 昨日の記念日の話をなぜ今頃書いているかというと・・・見落としていたか
 らです。ごめんなさい。

◇日本での歴史は87年
 日本でコカ・コーラの販売が始まったのは、1920(大正 9年)年の 9/1。コ
 カ・コーラの日本年齢は87歳と云うことになります。数えの年齢で云えば88
 歳。米寿と言うことになりますね。目出度いことです。

 最初に発売したのは、食料品店の明治屋と満平薬局。
 発売当時のうたい文句は、

  『衛生的にも嗜好的にももっとも進歩せし世界的清涼飲料水』

 だったそうです。
 では、日本初登場のコカ・コーラの売れ行きはどうだったかというと、これ
 が全く売れず、間もなく販売は中止されてしまったそうです。


◇コカ・コーラは薬?
 コカ・コーラの日本初上陸が失敗に終わった理由は、「薬臭い」ことが嫌わ
 れたためのようです。いまでもコカ・コーラと云うと薬臭いと嫌う人がいま
 すね。このコカ・コーラの薬臭さですが、まあ仕方がないと言えば仕方がな
 い。だってコカ・コーラは元々「薬」として生まれたものなのですから。

 コカ・コーラの生みの親はジョン・ペンバートンと云う方。
 精力増強・頭痛緩和などに効果のある万能薬としてコカイン入りのシロップ
 を作り、これを水で薄めて販売していたそうです。ところがある店員が、水
 ではなく誤って炭酸水で薄めて販売してしまったところ、これが美味しいと
 評判になって、これがコカ・コーラの元となったと云われます。
 コカ・コーラの「コカ」はコカインのコカでした。

 こうして、元は嗜好品というより薬として扱われたため「薬臭い」のもあた
 りまえと云えばあたりまえ。日本で最初に発売した店が、満平薬局というの
 もなるほどと云うことですね。
 なお、1903年以降、コカイン使用が禁止になり、現在のコカ・コーラにはコ
 カインは入っておりません・・当たり前ですね。


◇コカ・コーラの再上陸
 一旦は日本から撤退した(?)コカ・コーラですが、その再上陸は太平洋戦
 争終戦後のアメリカ軍の進駐と共に。コカ・コーラは米軍では公認の嗜好品
 として軍需物資扱いがなされていましたので、米軍と共に広がったわけです。
 そして、1961(昭和36)年に貿易自由化によって一般の日本国民でも手に出来
 るようになり、大ヒットして現在に至っております。


◇言い訳
 日刊☆こよみのページには、「今日の記念日」コーナーがありますが、毎月
 月の初めには沢山の「記念日」があって、書ききれないことがしばしば。昨
 日も、多すぎたので幾つも省略しました。その省略したものの中にこのコカ
 ・コーラ発売開始の日の話も入ってしまったのでした。
 一日遅れの記念日の話など、まるで

   気の抜けたコカ・コーラ

 のようなものですが、気の抜けたコカ・コーラも試してみると意外に美味し
 い。ということで、一日遅れのコカ・コーラの話でした。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/09/02 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック