こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■暦注の話・一粒万倍日は二日続き?
 日刊☆こよみのページの今日の暦のデータを見ると、主な暦注の中に一粒万
 倍日という、お目出度そうな暦注の文字があります。
 一粒万倍日が否なる日であるかは、既にこの暦のこぼれ話でも一度取り上げ
 ていますから、忘れてしまったと言う方は、

   暦注の話 ・・・ 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
   (http://koyomi8.com/doc/mlwa/200703090.htm)

 でおさらいしてください。
 さて、暦のデータに依れば今日はこの一粒万倍日に当たっているわけですが、
 ちょっと視線を下にずらして行くと明日の暦のデータの中にまたしても一粒
 万倍日の文字。あれ、間違ってる・・・何てことはありません。


◇二日続きの一粒万倍日
 私と同じように「二日続きの一粒万倍日」に気が付いて、間違ってますよと
 連絡してくださった方がかつていました。ですが、既に書いたとおりこれは
 間違いではありません。そうなる理由は一粒万倍日の撰日法にあります。

 前述の「暦注の話 ・・・ 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」からそ
 の撰日法の箇所を抜き出してみると、

 一粒何倍日は節月と日の十二支とで決まり。その組み合わせは次の通り。
   正月・・・丑と午の日 、 二月・・・寅と酉の日
   三月・・・子と卯の日 、★四月・・・卯と辰の日
  ★五月・・・巳と午の日 、 六月・・・午と酉の日
   七月・・・子の日   、 八月・・・卯と申の日
   九月・・・午と酉の日 、★十月・・・酉と戌の日
  ★十一月・・亥と子の日 、 十二月・・子と卯の日

 さて、日の干支の箇所をよく見てください、二連続になる干支の並びがあり
 ますね(該当する月の頭に「★」を付けてみました)。
 今日、明日は節月で十月でに含まれ、日の干支が己酉と庚戌ですから、一粒
 万倍日となります。

◇節月って?
 今日が節月十月に含まれると言いました。この節月を旧暦の月と誤解なさる
 方が多いようですが、そうではありません。
 節月は、節切りの月とも呼ばれ、二十四節気の節から始まり次の節の前日に
 終わる月です。今日は十月節である立冬(11/8)以後で十一月節の大雪(12/7)
 の前ですから、

   節月では十月

 ということになります。
 二十四節気は、太陰太陽暦であった旧暦の「太陽暦」の部分の仕組みですの
 で太陽暦である現在の暦とは近い関係にあって、現在の暦の日付に一月と一
 週間あまり遅れて同じ節月の月日がやってくると考えると、大体正解。月遅
 れの日付に近い感じになります。

 と言うわけで、一粒万倍日が連続して現れる節月十月はまだ当分続きますの
 で、あと暫くは12日毎に一粒万倍日が 2日続きで現れます。
 決して、私の計算間違いではありませんので、誤解しないでくださいね。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/11/11 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック