こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■お歳暮
 盆暮れの挨拶にと、お世話になった方々に贈り物をする慣習があります。
 盆の方は「お中元」、そして暮れの方は「お歳暮」がそれにあたるものです。

◇お歳暮とは?
 歳暮(せいぼ)とは、

   歳暮の礼

 を略したものです。
 この頃に贈り物をするのは、年末から年始にかけて先祖を祭り、歳神を迎え
 るという祭事への供え物を贈るものでした。元々がこうした歳神へのお供え
 物に始まった行事ですので、その贈り物の内容としては今でも塩鮭、鯣(す
 るめ)、数の子、干し魚といった歳神への供え物に適した食品が多く選ばれ
 ました。

 現在では、その本来の目的である「歳神への贈り物」という意味が忘れられ
 てきましたので、贈り物の内容も変化していますが、それでも贈り物の多く
 が食品であることなどは、忘れられた本来の意味の微かな名残のような気が
 します。

◇お歳暮の時期
 本来の目的が正月の歳神祭りのお供え物を贈ることでしたので、贈り物の時
 期は正月の準備が始まる頃と言うことで、12/13 の「正月事始め」の日から
 12/20 頃までが一般的でした。
 これより遅くなるような場合は、「御年賀」と表書きを変えたそうですが、
 現在でもそんな風に変えているのかどうかは定かではありません。

 お歳暮と言えば現在は、デパートから宅配されることが多いものですが、出
 来ればきちんと風呂敷につつんで、持参して感謝の意を伝えたいもの。
 下手な鉄砲ではないですから、数撃ちゃ当たる的な贈り物ではなく、本当に
 感謝したい少数の相手に贈りたいものです。

◇鰤正月(ぶりしょうがつ)とお歳暮
 お歳暮の贈り物として、鰤(ブリ)が喜ばれる地域があります。
 鰤は出世魚(東京:ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ、大阪:ツバス→ハマチ
 →メジロ→ブリ)として知られる目出度い魚。また寒鰤(かんぶり)という
 言葉があるほどで、冬においしい魚と言うことで、この時期の贈り物として
 喜ばれたものだと思われます。

 地方によっては、嫁の実家に歳暮として鰤と反物一反を贈ると言った風習が
 あったそうです。
 贈られた嫁の実家ではそれを正月に飾って、こうした歳暮を贈ってくれる良
 い婿に嫁いだと、その良縁を周囲の人にお披露目すると言った風習があった
 そうです。

 この説明を書きながら、妻の実家に鰤を贈ったりしたことのない私は、ちょ
 っと冷や汗。
 幸い、私の住んでいるこの辺りでは、鰤正月の風習はないから・・・。
 何はともあれ、形式だけにながされず、お世話になった方々に心を込めた贈
 り物をすることに致しましょう。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/12/15 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック