こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■クリスマス・イブと一日の始まりについて
 本日は言わずとしれた、クリスマス・イブ(Christmas Eve)です。
 キリストの降誕節は 12/25ですが、なぜかこの前日の 12/24の方により多く
 の行事が集中しているのはなぜでしょうか。この辺りには一日の始まりにつ
 いての考え方の違いが関係しているようです。

◇一日はいつ始まる?
 一日がいつ始まるのかと問われれば現在は

   午前零時です

 というのが常識的な答えとなるでしょう。また暦上の正式な日の区切りも現
 在は間違いなく午前零時です。ですが、この午前零時には何か特別なマーク
 があるわけではなく、目立った現象があるわけでもありません。
 今では常識の日の区切りである午前零時が一日の起点という考えは、暦や時
 刻と言った概念が大分高度化してから生まれたもので、原始的な(素朴なと
 いうべきか?)日の区切りとは違っているようです。

 では、原始的な一日の区切りの瞬間とは・・・と考えると判りやすいものが
 二つあります。それは「日の出」と「日の入り」です。
 人間の生活サイクルはどうしても太陽が昇っている昼と、沈んだ後の夜と言
 うものの繰り返しで規定されがちで、これが「1日」となりますから、この
 昼夜を分ける瞬間である日の出または日の入りの時刻が一日の区切りの点と
 考えるのは、考えてみれば至極当然のことのようです。

 そのため、日の出や日の入りを一日の起点と考える文化をもつ地域は今でも
 多く、昔はもっと多かったと思われます。
 顕著な例としては、イスラム暦は今でも日没が一日の区切りで、日没から一
 日が始まります。

 キリスト教の母体となった地域で使われたユダヤ暦もまた同様で日没を一日
 の起点と考えておりました。

◇「イブ(Eve) 」は「イブニング(Evening)」
 Christmas Eve のEve は、Evening を表す言葉。
 現在は現在の日付の区切り(午前零時)の感覚から、クリスマス・イブ(Ch-
 ristmas Eve はクリスマスの前夜と受け取られがちですが、先に書いたよう
 に、一日の始まりを日没に置く考えからすれば、現在の 12/24の夕方はクリ
 スマス 12/25の始まりなのです。

 キリスト教の教会のミサがこの 12/24の夕方から25日の午前中に集中するの
 はこの、日の区切りの考え方からすればごく当たり前のことです。
 

 本日はクリスマス・イブと言うことでこれに関係する話を書こうとは思った
 のですが、宗教的な話は私には荷が重すぎるので、日刊☆こよみのページは
 こよみのページらしく、暦の話として一日の区切りの話を行ってみました。

   一日の区切りはいつか?

 と言う話題は、実は大変奥が深い話なので、またいつか続きを行わなければ
 いけないテーマです。ではまたいつか、そのときに。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/12/24 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック