こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■除夜と大晦日
◇大晦日(おおみそか)
 今日は大晦日。大晦日は「おおみそか」と読むほか、「おおつごもり」とも
 読みます。この言葉は、太陰暦では月の最後の日は三十日(か二十九日)で
 あったことから、

   三十日(みそか)

 であり、また月が見えない日であることから

   月籠り(つきごもり) ⇒ つごもり

 となります。こうして太陰暦の一種であった太陰太陽暦を長い間使い続け
 ていた日本では、何時しか「みそか」「つごもり」は月末を表す言葉とな
 りました。大晦日の「大」は一年最後の晦日と言うことでつけられた文字
 です。この大晦日は新しい年神様を迎え入れる大切な日です。

◇除夜(じょや)
 除夜に何を除くのかといえば、これは「旧い年」。旧い年を除くという意味
 で、除夜とよばれます。
 旧い年を除くこの夜は、産土神を祀る神社に詣でて、ここで新しい年神様を
 迎えるために籠もり、一晩中起きているということが本来でしたが、それが
 徐々に簡略化されて現在に至ります。
 除夜の夜に神社に詣でるとか、元日の未明に神社に参拝するといった行為は
 夜通し神社に籠もった行事の名残と言えます。

 まあ、丸一晩起きているというのはなかなか普通の人には難しいことですが、
 それでもあまり早く寝てしまうと白髪になるとか、しわが出来るなどの言い
 伝えがありました。
 美容と健康のために早寝をする方でも、大晦日の夜はちょっと夜更かしした
 ほうがよいのかもしれませんね。

◇除夜の鐘
 除夜と言えば 108つの除夜の鐘。
 この 108は人間の煩悩の数だといいます。どうして煩悩の数は 108なのかと
 いうと人間の六根(ろっこん)と呼ばれる感覚器、眼・耳・鼻・舌・身・意
 の六つにそれぞれ、好・平・悪の三つの状態があり、さらにこれが程度によ
 って、染・浄の二つに細分され、これらが過去・現在・未来にそれぞれ有る
 ということで 108なのだという説が有ります。

  1.六根 ・・・ 6
  2.1 の好・平・悪三種 ・・・ 6 × 3 = 18
  3.2 の染・浄二種 ・・・ 6 × 3 × 2 = 36
  4.3 の過去・現在・未来 ・・・ 6 × 3 × 2 × 3 = 108

 と言うわけです。
 この 108には別の説もあり、その一つには暦になじみ深い 3つのものの数の
 だと言うものですので紹介します。
 暦となじみ深い 3つのものとは、

  暦月の数 ・・・ 12
  二十四節気の数 ・・・ 24
  七十二候の数 ・・・ 72

  12 + 24 + 72 = 108

 という説です。毎月、毎節気、毎七十二候毎に煩悩が蓄積して行くのですか。
 これは大変だな・・・。

 まあ、一年の間に積もりに積もった煩悩を祓ってくれるのが除夜の鐘。
 除夜の鐘の撞き方は、

  旧年中に 107回、新年になってから 1回

 という具合に撞くそうです。これは、旧年中に撞く鐘で旧年中の煩悩が去っ
 たことを表し、新年の 1回は新しい年が煩悩に煩わされることが無いように
 願うものだとか。
 現在は、深夜零時を日の替わり、年の替わりと考えるのが一般的ですから、
 除夜の鐘もこの「零時」をまたぐように頃合いを測って撞くのだそうです。
 上手く零時の段階で最後の一回だけを残すには、それはそれで熟練した技術
 がいりそうですね。

 今晩の除夜の鐘は、上手に「旧年中に 107回、新年に 1回」つけているかな
 んて耳をすませてチェックしてみると、除夜の鐘の撞き方にも上手下手があ
 るかもしれませんね。

◇最後にへそ曲がりな考え・・・
 でも、へそ曲がりな見方をすると、旧年中の煩悩 108は旧年中に全部祓って
 欲しいように思えますね。下手に 1回残してしまうから、これが元になって
 また一年で 108にも増えちゃうんじゃないのかな・・・。
 まあ、煩悩が全然無くなると、人間でもなくなってしまうのかもしれません
 から、煩悩の種を残しておくのかしらね。

 さ、一つ残ると考えるのか、全部きれいに祓い去ると考えるかはこれを読ん
 でいる皆さんの考えにまかせるとして、「清い心」で除夜の鐘を聞き、年神
 様を迎えるために「たっぷり夜更かし」することにいたします。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2007/12/31 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック