こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■啓蟄と驚蟄
 昨日、3/5 は二十四節気の啓蟄の節入日でした。
 度々話に登場する二十四節気ですが、これが太陰太陽暦であった旧暦の暦日
 と季節とを結びつけるために古代中国で考案されたもので、暦の伝来と共に
 日本にも伝わり、現在まで使われてきました。

 さて、上に書いた経緯のとおり生まれは中国で、それが輸入されたものです
 ので、二十四節気は日本にも中国にも有ります。
 中国の二十四節気を並べてみると、

  立春、雨水、驚蟄、春分、清明、穀雨、・・・

 と日本と同じ順に同じ言葉が並びます。ただ一つをのぞいては。
 さて、中国と日本の二十四節気のうちただ一つ異なる言葉は上述した 6つの
 中にあるのですが、どれがその異なった言葉か判りますか?
 その違った言葉とは、「驚蟄(きょうちつ)」。
 本日のタイトルが「啓蟄と驚蟄」ですから、これに気が付けば答えは簡単で
 すね(テストの答えを黒板に書いてる見たいですね)。

 既に書いたとおり、日本の二十四節気は中国から伝わったもので他の二十三
 は同じ漢字が使われています。ではなぜ啓蟄だけ日本と中国で言葉が違って
 いるのでしょうか?


◇本当は「啓蟄」
 本家の中国が「驚蟄」ですから、こちらが本来の漢字のように誤解する方も
 いるのですが、さにあらず。日本の「啓蟄」が本来の字で、中国の「驚蟄」
 は、日本に暦が伝来した後で変化した言葉なのです。

 啓蟄は、古代中国の周王朝時代に成立した『礼記』の月令にある「蟄虫始振」
 から生まれた古い言葉なのですが、この言葉が漢王朝の時代に「驚蟄」に直
 されました。この変更には中国の「諱(いみな)」の慣習が関わっています。

 諱とは、貴人や目上の人、死者などをその本名を呼ぶことを避けるという慣
 習なのです。王や皇帝と言った場合はその王朝が続く間は、この文字を使う
 事を避けるのが通例でした(中には、その影響を考えて避諱を免ずる詔を下
 す君主もいました)。

 啓蟄の「啓」は漢王朝の六代皇帝、景帝の諱でしたので、この文字が使えな
 くなりこれと意味の似ている「驚」という字で置き換えられるようになりま
 した。
 漢王朝が滅んでからは、「啓」を避ける必要はなくなり、暦の上の文字も再
 び啓蟄に戻ります。そしてこの「啓蟄」に戻っていた時代の暦が日本に輸入
 され、日本では「啓蟄」の文字が使われるようになりました。

 本家中国ではどうなったかというと、一度は啓蟄に復したのですが、使い慣
 れた「驚蟄」の方がよいと言う事で、再度「驚蟄」に戻されました。

 日本には、もちろんこの「驚蟄」と書かれた中国の暦も輸入されてきたので
 すが、日本においては中国の王朝の諱を避ける必要もありませんし、「驚蟄」
 を使い慣れたと言う事もないわけでしたので、変更されることなく啓蟄が使
 われ続けました。

 結果的には、日本の二十四節気の方が、二十四節気本来の文字を今に伝える
 結果になっています。ちょっとだけ不思議な話ですね。

 
  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/03/06 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック