こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■狼藉日
 乱暴狼藉(らんぼう ろうぜき)といえば、暴れて他人に危険を及ぼすよう
 な行動です。

  「かわうそ@暦、血迷って乱暴狼藉に及ぶ」

 なんて使い方をするのでしょうね。
 この場合、「狼藉」は「ろうぜき」と読みます。
 狼が草の上で寝た後は、草がなぎ倒されて乱れている事からこの言葉が出来
 たとか。草の上に寝たら草がなぎ倒されて乱れるのは何も、狼だけに限った
 話ではないと思いますが、まあその辺は深く追求しない。
 きっと、狼は人一倍(獣一倍?)寝相が悪いんでしょう。

 さて、この「狼藉」ですが、こう書いて「ろうじゃく」と読む場合がありま
 す。こう読む場合は大体「狼藉日(ろうじゃくにち)」の略。
 本日はこの狼藉日にあたります。

◇狼藉日とは
 狼藉日といったからって、別に大暴れする日というわけではありません。ど
 ちらかといえば、人間ではなくて天が暴れる日とでもいいましょうか。下段
 と分類される暦注の一つで、大禍日(たいかにち)・滅門日(めつもんにち)
 とあわせて

  三箇の悪日 (さんがの あくにち)

 と呼ばれるものです。
 三箇の悪日というくらいですから当然「凶日」。よくない日とされます。
 元は陰陽道から発したもので、この日始めた事は何によらず失敗に終わると
 か。万事に関する凶日とされています。
 特に、基礎工事や、墓作り、葬儀や、種まきなどには悪い日と言われます。

 この日始めた事は何でも失敗に終わるなんていわれてもね、何にもしないで
 過ごすわけにも行かない(そう出来たらいいなとは思いますが)でしょう。
 それに狼藉日の三箇の悪日仲間、大禍日・滅門日もそんな日ですから、気に
 していたら何にも出来亡くなっちゃいますね。
 くれぐれもこんな迷信に振り回されないように。

◇狼藉日の撰日(日付の決め方)
 狼藉日の撰日は、節月を使ったものです。
 人ごとに生まれた年の干支と節月で

  「寅年生まれの人は正月(節月)の子の日が狼藉日だ」

 といった具合に決められています。「子の日」の子は十二支の子です。
 最もこれでは煩雑ですし、「今日の主な暦注」の中身を読む人の生まれ年毎
 に変えないといけないので、大変。
 そうした事情からか今では生まれ年などに関わりなく

 「正月(節月)の子の日は狼藉日だ」

 という具合に決められるようになりました(生まれ年方式なら年に2〜3回し
 かなかった狼藉日が、30〜31日にも増えたことになります)。
 この日刊☆こよみのページの今日の主な暦注ももちろんこの簡単な方の決ま
 りで計算しています。実はこの決め方が「天火日(てんかにち)」という別
 の暦注と全く同じで、そのため「狼藉日は天火日と同じ」何て書かれる事も
 あります。だったらどっちか要らないんじゃ・・・。

 生まれ年毎別の狼藉日の決め方については、

  http://koyomi8.com/sub/rekicyuu_doc03.htm

 に解説を書いておりますので、気になる日とはそちらでチェック願います。
 本日は「狼藉日」、暴れてもよい日ではありませんのでその辺、誤解の無い
 ようにお願いします。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/03/28 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック