こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■万愚節.2008
 本日はエイプリルフール。日本では「四月馬鹿」という名前で呼ばれますが、
 本日のタイトルとしてこれを使っては、あまりに身も蓋もない(あられもな
 い?)感じがするので、ちょっと高級そうに漢語で、「万愚節」としてみま
 した。

 後ろの「.2008」 は、来年これを「.2009」 とすれば使い回しが出来るから
 という深謀遠慮の結果付加された西暦年数です。実はこの記事も、「.2007」
  を書き直したもので・・・

 というのは冗談です。四月馬鹿の日だから許してください。
 「来年使い回しする」件に関しては、ひょっとすると冗談ではないかも知れ
 ませんが、それは来年のお楽しみとしてとっておいてください。

◇エイプリルフールの起源
 さて、ひとくさりタイトルについての与太話で時間をつぶしたところで、本
 題であるエイプリルフールについて書き始めます。
 まず始めは、その起源。

 残念ながらというかこのエイプリルフール、その起源については定かではあ
 りません。「起源」としながらその「起源は不明」とだけですませては、あ
 まりにひどい対応ですから、ここは広く知られている有力な起源説を書く事
 にします。

 ・エイプリルフールはフランス生まれ?
 その昔、ヨーロッパでは 3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催
 していました。このため、4月1日は実質的な年の始まりの日だったわけです。

 1564年にフランスのシャルル 9世は1月1日を新年とする暦を採用しこれをフ
 ランスの公的な暦として使うようにしました。断りもなく(?)年首を変え
 られた人々はこの措置に反発しましたが、だからといって自分たちで変えら
 れるものではありませんので、その鬱憤のはけ口として、それまでどおり 4
 月 1日を「嘘の新年」として位置づけ、馬鹿騒ぎをするようになったのがエ
 イプリルフールの始まりだというのが、エイプリルフール起源として語られ
 る有力な説です。

◇エイプリルフールのジョーク
 日本ではさほどではありませんが、海外のニュースメディアなどはこの行事
 がお気に入りらしく、毎年のように新聞や放送局で偽のニュースが流されま
 す。中にはよくできていて、嘘だと気づかずに別の新聞がこれを取り上げて
 しまったなどということもしばしば。

 この日ビックリするようなニュースを目にし、耳にしたときには一度眉につ
 ばを付けてみる必要があるかもしれません。
 ちなみに、この日刊☆こよみのページも昨年のこの日、「廃刊のお知らせ」
 を書いたところ本当に止めるものだと信じた方々から多数の

  お疲れ様メール

 を頂きました。「残念です」という御意見が多かったのが救いではありまし
 たが、後でごめんなさいと冗談の内容を信じた方々にお詫びをするのが、結
 構大変だったので、今年はこの手は使わない事にします。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/04/01 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック