こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■上巳と端午の真ん中で
 本日は4/4。
 女児の節供である上巳の節供(桃の節供)と、男児の節供である端午の節供
 (菖蒲の節句)を折衷したような日です。

 その正解、今日の記念日を見ると、
 ・トランスジェンダーの日
 ・オカマの日
 と、上巳の節供と端午の節供の中間を意識したとおぼしき記念日があります。
 ちなみに、上の二つの記念日は、お互いには何の関係もない記念日ですので、
 お間違えないように(人間、考える事は同じという実証でしょうか)。

 そういえば戦後、現日本国憲法下で新たに祝日を法制化しようとなったとき
 に、日付がなかなか決まらなかった祝日に「こどもの日」がありました。

 子供の祝いと言うと誰しも、上巳の節供の雛飾りや、端午の節供の武者人形
 などを思い出すと思います。どちらもそれくらい広く定着した行事ですから
 こどもの日を祝日にくわえようとなれば、その候補に上がるのは当然ですが、
 困った事にどちらも「女児の節供」「男児の節供」という明確な性別の区別
 のある節供であったために、日取りの決定が難航したわけです。

 3/3でいいじゃないか、いやいや5/5がいいだの、どっちもダメなら一文字ず
 つ入れて 5/3がいいじゃないか・・・といった具合でした。
 一度は折衷案の 5/3になりかけたことがあったようですが、この日は憲法記
 念日にその席を奪われた形で実現せず、結局 5/5に落ち着いた経緯がありま
 す。

 さて、ここで思うのですが、折衷案ならこの 4/4何て男女どちらの子供にも
 偏らなくていいのではと愚考しますが、残念ながらこれは愚考でしかなかっ
 たようで、こうした案は公には無かったようです。その代わりといっては何
 ですがこの日にほど近い 4/1はこどもの日の候補に名を連ねた事があります
 (衆議院案)。

 4/1 は学校の学年開始の日なので、こどもの日候補に挙がったものだと思わ
 れますが、それなら 4/4の折衷案くらいあってもよさそうなものですが、調
 べた範囲にはそんな事実はありませんでした。
 残念。

 今日は、何か書くよいテーマが無いかなと考えたときに、そうだ 4/4がこど
 もの日候補だったことを書けばいいじゃないかと思いついて書き始めたら、
 どこにも 4/4がこどもの日候補になったことなんて無かったと気が付きまし
 た。多分、頭の中で 4/1を 4/4と取り違えてしまっていたようです。

 取り違えていた事に気づいたときにはもう遅く、結構書き進めておりました
 ので、もったいないからそのままの載せてしまおうと思います。
 まあ、「暦のこぼれ話」ですから、きちんと盛りつけられた話でなく、こぼ
 れてしまったような話でも、いいですよね?


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/04/04 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック