こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■「地球は青かった」・・・世界宇宙飛行の日
 ユーリー・ガガーリン少佐の有名な言葉、

  地球は青かった

 は1961/04/12、地球周回軌道上のボストーク1号から見た地球の姿を語った
 ものだといわれます。
 「地球は青いヴェールをまとった花嫁のようだった」というのが正しいとい
 う説もありますが、定かではありません(定かなのは、日本語で言ったわけ
 じゃ無いだろうと言う事くらいですかね)。

 1961年というとまだ私が生まれる前の話。
 小学生の時に学校の図書館にあった本(書名は忘れてしまいましたが、おそ
 らくガガーリン著の「宇宙への道」か?)で、地球は青く美しかったといっ
 たとガガーリンが書いていたのを読んで、これが「地球は青かった」という
 ことなのかと思った記憶があります。

 ガガーリンがこの言葉を語ってから、もう47年。
 今は、日本の打ち上げた月周回衛星(衛星の月を回っているから正しくは孫
 衛星?)「かぐや」が月から見た地球の映像を送ってくる時代となりました。
 月面から昇る地球の画像を見れば、地球は今も青いようです。
 これからもずっと青い地球でいてくれるとを祈りたいです。

  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/04/12 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック