こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック  (PV , since 2008/7/8)
■地球の遠日点通過
 今日の午後 5時頃、地球が太陽から一番遠く離れる遠日点(えんじつてん)
 を通過します。
 今日の午後 5時(あ、日本標準時で)の太陽と地球の距離は、

  1億5210万km

 太陽と地球の距離の平均は 1億4960万kmですから今日は平均よりも 250万km
 も遠い日ということになります。地球と月の距離はおよそ38万kmですから、
 地球−月の距離の 6.5倍も平均より遠ざかっていることになります。
  250万kmといえば、人間の大体の歩行速度が4km/時ですから、歩き続けて

  2,500,000 / 4 = 625,000時間 ≒ 26042日 ≒ 71.3年

 もかかる距離です。人生とは重き荷を背負って遠き道行くようなものだそう
 ですが、それにしても遠すぎます。こんな大きな距離を一年で行ったり来た
 りする地球も大変ですね。

◇地球は冬?
 太陽から一番遠ざかっている日ということは、当然太陽から届く光の量も少
 ないことになりますから、今日は地球が一年で一番暗くて寒い日と言うこと
 になります。道理で今日は、朝から凍えるような寒さだと思いました・・・
 なんて。実際は、ちょっと蒸し暑い朝でした。

 なぜかと言えば地球全体では「冬」かも知れませんが、北半球は「夏」。当
 然日本も夏だからですね。
 最近は流石に少なくなりましたが、インターネットのWeb サイトをめぐって
 いると

  『四季が出来るのは、地球の軌道が楕円であるため、地球と太陽との距離
   が変化するからである』

 なんて楽しい(?)解説を載せているサイトも見つかります。
 南半球は現在は「冬」の期間。南半球なら地球の「冬」の時期と実際の「冬」
 の時期が一致していますから、「地球の軌道が楕円だから・・・」という驚
 きの説明ももしかしたら「なるほど」と納得されてしまうかも知れませんが
 幸いに地球と北半球との季節の変化は逆ですので、こんなトンデモない説明
 は直ぐにおかしいとわかります。
 ああ、北半球に生きていてよかった?

◇どれくらい遠い?
 すでに今日の太陽と地球との距離はその平均の距離より 250万kmも(!)遠
 いと書きました。月までの距離の 6.5倍も(!)というと、随分遠いように
 思えますが、そこはそれ宇宙は大きい。この 250万kmという気の遠くなるほ
 どの距離も太陽と地球との距離から見るとほんのちょっとの差。割合で言う
 と、

  250万km / 1億4960万km ≒ 0.017 (1.7%)

 平均距離を100%とすれば、たったの1.7%遠いだけ。
 地球の軌道は楕円・・・と言ってもこれを紙に書いたものをみてもまず、ひ
 しゃげていると気付かないくらいの違いなのです。まあ、このくらいの差で
 すから地球は冬と言いながら、その寒さはたいしたことは無くてすんでいま
 す。ちなみに、地球全体が太陽から受ける光の量と言うことで考えると、今
 日は一年の平均より約3.3%少ない日ということが出来ます。

 このメールが届く頃、地球はほんの少しずつ太陽から遠ざかりつつあるはず。
 そして、もし皆さんがこのメールを夜にお読み下さるなら、その時には地球
 は太陽に近づきつつあると言うことになります。地球の冬の日を脱して地球
 の夏へと向かっているわけですね。


  (『暦のこぼれ話』に取り上げて欲しい話があれば、
   magazine.sp@koyomi.vis.ne.jp までお願いします。)

オリジナル記事:日刊☆こよみのページ 2008/07/04 号

こよみのぺーじ 日刊☆こよみのページ スクラップブック